TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外レンタルWiFi、通信制限基準は国ごとに異なることに気をつけて!

海外レンタルWiFi、通信制限基準は国ごとに異なることに気をつけて!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年海外旅行に行く人は増加しており、それに伴い海外旅行時にレンタルWiFiを利用する人も増加しています。しかし、レンタルWiFiを利用する場合、国ごとに通信制限が異なるため場合によってはインターネットに接続できなくなる可能性も。あらかじめ知っていれば回避できるトラブルもありますので、今回は、海外レンタルWiFiを使用する時の注意点などをご紹介していきます。

レンタルWiFiは赴く国の通信網を借りている

海外レンタルWiFiでインターネットに接続する場合、現地の携帯通信網につなぐことで、高額な海外パケット通信料がかからず日本と同様にインターネットを楽しむことができます。現地の人たちが利用するのと同じくらいの料金で利用できるのでおすすめです。

また、利用する際の設定も非常に簡単で、初回利用時のみレンタルWiFiルーターについているネットワークIDとパスワードを接続したい機器に入力するだけです。2回目以降の利用時には、ルーターの電源を入れるだけで自動的にインターネットにつながります。

通信制限の基準は国によってそれぞれ

海外レンタルWiFi業者の多くは、「定額」をうたっていますが、利用者はこれを「使い放題」と勘違いするケースも多く、誤った認識のまま使うと、通信速度の低下、または利用ができなくなる場合もあります。「定額」は使い放題ではなく、利用可能な通信量には制限があることを知っておきましょう。

レンタルWiFiサービスで利用されているSIMカードは、現地通信事業者のネットワークを直接利用しているため、通信制限は国によって異なりますが、最悪の場合、旅行中にインターネットが使えなくなるケースもあるため、注意が必要です。これらのSIMカードには、「当日を含む○日間のパケット通信量が○○MB以上の場合、利用中断または利用制限を行うことがある」と書かれています。

必要なタイミングを見極めるのが肝心

このようなトラブルを回避するためには、インターネットを使うタイミングを見極めて、場所と利用する目的で使い分けることが大切です。たとえば、ホテルや、空港、公共施設、カフェなどではフリーWiFiスポットを利用してインターネットに接続することでWiFiルーターを使う頻度が少なくなり、通信量の上限をあまり意識せずに使うことができます。

旅行中に思わぬトラブルに遭わないためにも、海外レンタルWiFiについて、行く国の通信網を借りていること、定額制は使い放題ではないこと、データ制限の基準が国によって違うことなどについてしっかりと覚えておきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

本当に安い?海外レンタルWiFiサービスの比較ポイント
初めての海外携帯レンタル!知っておきたい5つのこと
注意!海外レンタルWiFiが届いたらチェックするべきポイント
海外レンタルWiFi?SIMフリー?どっちを選べばいいの?
【海外レンタルWiFi】複数の国を周遊する時の注意
羽田空港で当日貸出可能な「海外レンタルWiFi」のカウンター
空港で使えるフリーWiFi、セキュリティは大丈夫なの?
通話料がこんなに!?海外での高額請求を避けるために
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加