在宅ワークの必需品 WiFiのセキュリティはどんなことに気を付けるべき?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを繋げば、個人個人はもちろん、家族みんなで楽しめるコンテンツも増えて来た現代において、家庭でのインターネット接続は一般的になって来ました。

 

新型コロナウイルス流行中、外出を極力控えたり、在宅ワークをしなければならない方も非常に多い中、自宅に回線を引いていない、WiFiなどが元々なくて・・という環境では、モバイルWiFiをレンタルするなど、インターネット環境の整備に急な対応をしている場合もあると思います。

ついこの間までは、フリーWiFiのある場所で、ネットを楽しんだり、家だと落ち着かないので、もっぱらカフェで仕事をする・・というリモートワーカーのみなさんも、今は自宅での勤務にシフトしている方も多いのではないでしょうか?

 

フリーWiFiはセキュリティが良くないからおすすめしないとはよく聞かれる話ですが、自宅の通信回線であれば安全なのか?また、レンタルモバイルWiFiはどうなのか? セキュリティの観点から見ていきましょう。

1.フリーWiFiのセキュリティ

オリンピック・パラリンピック開催予定の影響か、日本人はもちろん、訪日外国人向けにも、フリーWiFiのあるスポットがどんどん増えて来ました。
大手のカフェチェーン、ファストフード店、空港や鉄道などから、小規模の店舗であってもフリーWiFi設置のマークを掲げている所も増えています。

こうしたフリーWiFiのいいところは、手軽であること、また、誰でも使えて、通信量の節約という意味でも非常にお得ですし、通信速度が遅い場合もありますが、ちょっとしたサイトの閲覧程度であれば、問題なく使えて便利です。

そんな中、会社で利用しているPCは、公衆WiFiや無料スポット等に接続しないように喚起されていませんか?

フリーWiFiについてはやはり、セキュリティに注意することが最も大切なポイントですが、よく言われるのは、「https://~のサイトのみを閲覧するようにする」、「カード情報などの個人情報を入力するような時は使わない」、「WiFiに自動接続できないようにしておく」など、ある程度、利用者側のリスク管理に委ねられる所が大きくありますので、利用時は十分に注意して使用しましょう。

2.VPN接続とは

VPN(Virtual Private Network)とは仮想的に通信のトンネルを作り、プライベートネットワークを構築することで、盗聴やのぞき見、サイバー攻撃を防ぐための技術です。より安全性の高い通信を可能にすることができます。

フリーWiFiを利用していても、VPNで通信していれば、安全性が確保されるので、非常に安心です。無料のVPNサービスも中に はありますが、年間利用料が2,000円台からとリーズナブルなプランや、複数台数のVPNプラン、気軽に始められる月額プランなどもありますので、利用状況に応じて選んでみることをおすすめします。

3.WiFiのセキュリティ~暗号化方式について~

チョイス

自宅に設置している無線タイプの通信、または、一時的にレンタルWiFiを借りて通信をするといった場合の安全性はどうなのでしょうか?

無線通信方式である、WiFiの通信は暗号化されていますが、暗号化の種類が異なります。

WEPという暗号方式は広く普及していましたが 、脆弱性が認められ、最近ではほとんど使用されなくなり、廃止になってしまいました。

このWEPの脆弱性を軽減しつつ、セキュリティ強化のために採用されたWPAですが、WEPに比べセキュリティは増しましたが、攻撃に弱いという脆弱性が見られました。その後に出て来たのが、WPA2です。WPA2はアメリカ政府公認の暗号化方式AES(Advaned Encryption Standard)を使用しており、家庭用のネットワークにとっても非常に適しています。

現時点においては、暗号化方式を選択するのであれば、このWPA2(AES)が最も適切と言えます。 暗号化方式に詳しくないという方でも、WiFi設置前やレンタルする際に、暗号化方式について事前に確認してみるのもよいでしょう。

自宅で過ごす時間が長くなった方、また自宅でお仕事(在宅ワーク)をされることになった方も多くなった、そんな今だからこそ自宅での通信セキュリティについて、考えてみてはいかがでしょうか?

JALエービーシーでは暗号方式WPA2を採用した、国内用レンタルWiFiを提供しています。日本国内用WiFiレンタルのページはこちら

国内用レンタルWiFiキャンペーン実施中!

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加