TOP > データローミングとの比較

データローミングとの比較

レンタルWiFiと携帯会社の
国際ローミングを比較

海外でも自分のスマホやタブレットを使って観光したい、ビジネス利用にどうしても必要、せっかくの海外旅行はSNSでタイムリーに画像をアップしたい・・・など、インターネットの利用は海外でも不可欠なみなさまに快適なネット環境の過ごし方についてご紹介します!

比較 1しくみを比較

レンタルWiFiのしくみ

WiFiとは持ち運びができる無線LANのことです。大半のレンタルWiFiは1日ごとの定額制となっていることや、複数の通信機器と繋いだり、仲間でシェアして利用できれば、通信費用も節約できたりするのが大きなメリットです。WiFiルーターが現地の通信会社のモバイルネットワークに接続するので、いつでもどこでも快適な通信環境で利用できます。

国際ローミングのしくみ

国際ローミングとは、海外へ渡航した際に日本で使用している各キャリアの電波が届かなくなるので、キャリアが提携している現地の通信会社の電波受信を行えるようにすることです。この場合、データローミングを使えば、スマホやタブレットなどを使用し、ネット接続が可能になります。
端末の設定で簡単に利用できて便利ではあるものの、パケット通信をしすぎてしまい、高額請求を受けてびっくりといういわゆるパケ死という事態になりかねません。現在はこのようなトラブル防止のために、各携帯会社において海外用のパケット通信プラン等も用意しています。

比較 2料金を比較

レンタルWiFiの料金

1,150~1,990円/日

国際ローミングの料金

1,980~2,980円/日

海外パケット定額プランを利用する場合

比較 3通信量を比較

レンタルWiFiの通信量

国際ローミングの通信量

まとめ

レンタルWiFi 国際ローミング
メリット
  • 利用料が安い
  • 通信速度が速い
  • 複数の機器と接続できる
  • スマートフォンだけで接続可能
  • 申込みなどの手続きは無し
  • WiFi未対応の携帯電話でも利用可能
デメリット
  • WiFiルーターを持ち歩く必要がある
  • 事前申し込みが必要
  • 料金が高い
  • 大容量のアプリを使用するのが困難

手続きなし、特別な機器を持ち歩く必要のない点では手軽な国際ローミングではありますが、利用料金が定額でリーズナブルなレンタルWiFiはシェアできたり、複数機器とも接続できたりとメリットがいっぱい。最も気になる通信速度も選ばれる理由の大きな要因です。