TOP > 旅のお役立ち情報 > 空港で使えるフリーWiFi、セキュリティは大丈夫なの?

空港で使えるフリーWiFi、セキュリティは大丈夫なの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近街中で多く見かけるようになった「WiFi使えます」などのWiFiスポットを示すステッカーですが、便利な反面危険やリスクも多く含んでいることを皆さん知っているでしょうか?空港などで使えるWiFiスポットを利用する際の注意点やリスクなどを見てみましょう。

便利な空港のフリーWiFi

空港にもWiFiスポットがあり、利用できるサービスプランもキャリアも、提供されているサービスも様々です。このようなフリーWiFiスポットは、パソコン、スマホ、タブレット、携帯ゲーム機といった無線LAN対応機器にて利用することができます。また、外出先でも高速インターネットを活用できるように、通信キャリアが提供するWiFiスポットも増加しています。

すぐに繋がる公衆無線LANは危険も伴う

便利な反面、気を付けたいのがWiFiスポットのセキュリティ問題のレベルが低かったりすることなどから、自宅で限られた人が利用するWiFiとは異なり、個人の情報を盗み取られるリスクが高くなるのです。

自宅で利用するWiFiは、一般的に暗号キーと言われるパスワードによって暗号化されています。自宅のスマホやタブレットなどを接続する際に、ルータ―の横などにあるパスワードを入力したことのある人は多いと思います。暗号キーは各家庭のルータ―ごとに決まっているため、これを他人に盗み取られない限り、他人が利用することはできず、情報を盗み取られるリスクは少なくなります。

クレジットカード番号などの入力は要注意

お店や、ホテル、公共のWiFiスポットでは接続するためのパスワードを知らせています。このような場でインターネットに接続する場合は、誰が提供しているかわからないアクセスポイントには絶対にアクセスしてはいけません。悪意のあるアクセスポイントに接続した場合、ウイルスファイルがダウンロードされたり、クレジットカード番号の入力を求めてきたり、勝手にデータを抜き取られる可能性もあるのです。

近年、様々な場所で提供されているフリーWiFiスポットですが、暗号化されていない、セキュリティ対策が万全ではないなどの問題があります。WiFiスポットを利用する際の注意点として、空港などの公共施設のWiFiスポットでも無条件に信頼しない、WiFiスポットでは重要な情報の送信はしない、暗号化されていないまたは暗号化レベルの低いWiFiスポットは利用しない、などが大切になります。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加