TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外レンタルWiFi利用前にチェックすべきポイント とは?

海外レンタルWiFi利用前にチェックすべきポイント とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外でインターネットに繋ぎたいという場合に便利なのが、海外レンタルWiFiです。
レンタルWiFiを利用する際に、国内で予めチェックしておくべき事項について解説します。

便利なレンタルWiFi

海外でスマートフォン等の携帯端末でインターネットに接続したいという場合、携帯電話会社が提供している海外でのネット接続サービスを利用するという手段もあります。
ただ一方で、一般にこうしたサービスは高額であり、また、利用できるのもその携帯電話の持ち主個人に限られてしまいます。

それに比べ、リーズナブルに使えて人気なのが海外用レンタルWiFiです。
旅行先の国や地域、その他プランの内容にもよりますが、1日あたり数百円程度で収まるプランもあります。

また、海外レンタルWiFiの場合、そのWiFiを共用しているグループの全員がサービスを利用することができます。
そのため、グループ旅行をされる方は、もとよりリーズナブルなうえにグループの人数で料金を割り勘できるため、一日あたりの利用料はひとり100円程度で収まることも珍しくありません。

事前に知っておきたい注意点

事前に知っておきたい注意点

ただ、こうしたレンタルWiFiサービスを利用する際には、いくつかの注意点があります。

まず知っておいてほしいのが、海外用WiFiは申し込み時に申告した国での使用を想定した設定となっているということです。
このため、日本を含め、申告した国以外で電源を入れたり使用してしまうと海外接続パケット料金が発生し超過料がかかってしまうこともありますので、契約国に着くまでにはWiFiの電源をオンにしないように気をつけましょう。

また、持参するスマホなどのモバイルデータ通信(データローミング)をオフにしてから渡航しないと、海外のネットワークへ接続してしまいます。
iOSのモバイル機器で、バージョンが9以降の場合は、WiFiの電波が悪いと自動的にモバイルデータ通信に切り替える「WiFiアシスト」という機能がついています。渡航前にこの機能もオフにしておく必要があります。スマホ側のWiFi設定は、現地に着いてから行ってください。ちなみに、スマホにもWiFiとLTEの自動切り替え対応機種もあります。

レンタルのプランがデータ通信容量に上限を設けている場合は、アプリの自動更新や自動バックアップ機能の設定もオフにしておくことをおすすめします。

また、渡航先で使いたい時にバッテリー切れ…ということのないように、連続使用時間と連続待ち受け時間も確認しておくと安心です。
心配な方は、モバイルバッテリーや充電ケーブルも持っていくと良いでしょう。

事前予約で簡単!便利!

こうしたレンタルWiFiサービスは、空港でレンタル機器を受け取るほか、事前に宅配でご自宅などへ届けてくれるサービスも行っています。

空港で受け取る時間がなさそう、受け取ることを忘れてしまいそう・・・という方は宅配で受け取れたら便利ですよね。

ただし、宅配受取の場合は、受け取った日から通信料金が発生しますので、注意が必要です。また、予約なしで当日レンタルもできますが、どのレンタル会社も在庫の限りとなりますので、事前予約が安心でしょう。

なお、現在海外用レンタルWiFiをご検討中の方は、JALABCにてインターネット申し込み限定で、通信料一律1,000円/日で通信量無制限で利用できます。是非こちらをご覧ください。 JALABCのWiFi・携帯レンタルサービスについては 【はじめてのJALABCレンタル】 よりご確認いただけます。

あわせて読みたい記事はこちら

本当に安い?海外レンタルWiFiサービスの比較ポイント
初めての海外携帯レンタル!知っておきたい5つのこと
海外レンタルWiFi?SIMフリー?どっちを選べばいいの?
【海外レンタルWiFi】複数の国を周遊する時の注意
羽田空港で当日貸出可能な「海外レンタルWiFi」のカウンター
空港で使えるフリーWiFi、セキュリティは大丈夫なの?
海外レンタルWiFi、通信制限基準は国ごとに異なることに気をつけて!
通話料がこんなに!?海外での高額請求を避けるために

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加