TOP > 旅のお役立ち情報 > 出国の際には要注意…手荷物検査でありがちなトラブル

出国の際には要注意…手荷物検査でありがちなトラブル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行へ出かけるときは、まず空港で手荷物検査を受けることになります。機内に持ち込めないものを確認しておくとともに、トラブルがないように事前にチェックしておきましょう。

搭乗時刻ギリギリでもダメなものはダメ

海外旅行をするために飛行機に乗るとき、必ず受けなければならない手荷物検査。手荷物検査とは、飛行機に搭乗する乗客が危険物を持ち込んでいないかどうかをチェックするための検査です。多くの方が、「自分は危険物なんて持っていない!」とお考えになるでしょうが、飛行機では思わぬものが持ち込みNGになっています。

たとえば、100mlを超える液体は、機内に持ち込むことができません。ペットボトルの飲み物などに関してはあらかじめ気をつけて避けているという方でも、うっかり手荷物に液体のハンドクリームが入っていたということもあり得ます。

このように手荷物検査でトラブルがあった場合には、持ち物をその場で処分するか、それとも搭乗を諦めるかという選択肢しか残されていません。搭乗時刻ギリギリであっても例外は許されないので、あらかじめ手荷物には注意しておきましょう。

持ち込みの可否を事前にチェック

飛行機に手荷物として持ち込むことができないものは、事前にチェックしておきましょう。たとえば、刃物や先端の尖ったものは、凶器となり得るため持ち込みできません。ライターは、タイプによって持ち込み不可となります。また、アルコール度数が70%を超える飲み物は、持ち込みができません。他にも、ヘアスプレーなどのスプレー缶も持ち込みができないため、ご注意ください。

なお、WiFiルーターなどの電子機器は電波を発しない状態にしてあれば、手荷物として機内に持ち込むことができます。

止められてしまったら

もしも手荷物検査で止められてしまったら、持ち物をその場で処分するか、搭乗を諦めることになります。念入りに確認したにもかかわらず、うっかりして持ち込みNGなものを手荷物に入れてしまうトラブルは、よくあるものです。たとえば、化粧ポーチに入っていた眉毛カット用のハサミなども、その対象になります。自分がこういった事態に巻き込まれることを考慮し、いざという時には持ち物を手放す覚悟をしておきましょう。

手荷物検査では、うっかり持ち込みNGなものを手荷物に入れてしまったというトラブルが頻発します。大切なものをその場で処分することがないように、出国前に自分の身の回りをしっかりと整理しておきたいですね。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加