TOP > 旅のお役立ち情報 > 預け入れする荷物は事前に確認!もしかしたら空港で弾かれるかも…?

預け入れする荷物は事前に確認!もしかしたら空港で弾かれるかも…?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行ではどうしても滞在期間が長くなりがちなので、荷物の量も多くなりがちです。航空機の機内に持ち込める荷物の量は決まっていますし、航空機全体で積み込める荷物の重量、容積には限りがあります。荷物が預け入れ可能な量を超えると、超過料金を支払わなければなりません。国際線では、超過料金の金額も大きくなります。

日ごろ荷物をついつい多めに持って行ってしまいがちな人は、あらかじめ預け入れ荷物の制限を把握した上で荷造りする必要があります。ここでは預入可能な荷物の範囲や、超過料金の目安などを詳しくご紹介していきましょう。

航空機カウンターで預けられないもの

航空機はテロ防止のため、機内に持ち込みや預け入れができないものが定められています。大きめの刃物類などの危険物は、全般的に持ち込み、預け入れができません。

  • 刃物類
  • ライター、マッチ
  • 花火、クラッカー
  • キャンプ用ガスボンベ
  • スポーツ用酸素缶
  • スプレー類
  • 殺虫剤、農薬
  • 液体バッテリー
  • 貴重品

十徳ナイフや工作用のハサミ、ドライバーなどの先のとがったもので日常生活に使用されるものは、機内持ち込みできませんが、手荷物カウンターで預けることは可能です。野球バット、ゴルフクラブなどの強打することで凶器となり得るものも同様です。違反した場合、50万円以下の罰金が科されます。

保安検査場でこれらが発見された場合、手荷物カウンターで預け直すか、放棄(捨てる)することとなります。

ライターやマッチは一人一個までなら機内に持込可能ですが、預ける荷物に入れることはできません。ライターの種類によっては持込もお預けもできませんし、機内での火気の使用は一切禁止。場合によっては、トイレで隠れてたばこを吸った乗客のために航空機が出発空港に引き返すというとんでもない事態にまで発展します。

■電子タバコの持ち込みについては、こちらの記事をご覧ください。

・電子タバコは海外に持っていける?持ち込み時に気をつけたいポイント


リチウム電池やリチウムイオン電池は、やはり機内持ち込みが可能ですが預け入れができません。リチウムの含有量やワット時定格量、本体内蔵か予備電池かなどによって取り扱いが異なってくる場合があります。

■リチウムイオン電池の持ち込みについては、こちらの記事をご覧ください。

・飛行機の中で「モバイルバッテリー」を使っても大丈夫?


スプレー缶類に関して、ヘアスプレー、制汗スプレーや殺菌・消毒スプレーなどは基本的に機内持ち込み、お預けともに可能ですが、規定量が決まっています。なお、日常使っているスプレーでも、「火気に注意」といった表示がある場合は、引火性があるものとして危険物として扱われますので、機内への持ち込みやお預け入れは一切できません。

液体物は容器1つにつき100ミリリットル以下まで機内に持込可能です。複数容器の場合は1リットル以下のジッパーつき透明ビニール袋1袋にまとめないといけません。制限を超える場合、お預けは可能です。空港の免税店で購入したお酒を持ち込めずに困るケースなどが多いので、注意しましょう。

■液体物の持ち込みについては、こちらの記事をご覧ください。

・機内に持ち込める液体の制限って?持ち込める化粧品は?


現金や貴金属、有価証券などの貴重品は、紛失の危険があるので預ける荷物に入れず機内に持ち込んでください。デジタルカメラやパソコン、タブレット端末も機内に持ち込んだ方が安全です。どうしても預けたい場合は電源を完全に切っておき、確実に梱包しましょう。航空機への搭載経路や航空機内での揺れなども考えられますので、強い衝撃が加わっても壊れない梱包にする必要があります。

持込や預け入れが可能な荷物の範囲は、航空会社によっても多少異なります。危険物は持ち込めないことが前提ですが、それ以外のものについては指示に従ってください。

預けられないサイズ・重さはどのくらい?

JALの国際便手荷物カウンターでは、次の量までの荷物を無料で預けることができます。荷物1個当たりの大きさ制限は、3辺(縦・横・高さ)の合計(キャスターと持ち手を含む)が203cm以下です。

座席の種類 無料預かりが可能な手荷物の量
ファーストクラス 3個
1個当たりの重量:32kg
ビジネスクラス
エコノミークラス 2個
1個当たりの重量:23kg

海外の航空会社では、無料となるのがスーツケース1個までというケースも一般的。LCC(ローコストキャリア)ではすべて有料という場合もあります。

無料預け入れをオーバーした荷物に関する超過料金は、国際線だと1個あたり6,000円から2万円程度かかります。荷物を預けるだけで何万円も予定外の出費とならないよう、荷物はできるだけ削りましょう。

預けられない荷物を海外に送るためには?

各航空会社の制限サイズを超える大型の荷物や、取り扱いに注意が必要な繊細な楽器などは、手荷物カウンターで預けることができません。こうした荷物がどうしても海外で必要な場合は、事前に郵送しておいて現地で受け取るなどの方法も検討しましょう。

預け入れ荷物のサイズ・重さを減らすテクニック

預け入れ荷物のサイズや重さを減らすためには、次のような方法があります。必ず重量に関係するスーツケースは、軽いものを選びましょう。

  • できるだけ機内に持ち込む
  • 洋服は重ね着する
  • 家族や友人など、同行者と荷物を分けて1個あたりの重量を抑える

機内持ち込みできる荷物のサイズにも制限がありますが、そちらに分散すれば無料範囲内に収まったり、超過料金が抑えられたりすることも。また、本人が身につけている洋服は当然重量のカウント外になります。重ね着して荷物内の洋服の量を減らす方法も有効です。

荷物の量は乗客一人当たりで決められているので、家族や友人などの同行者で荷物に余裕がある人がいればそちらに入れさせてもらいましょう。分散すれば一人当たりの荷物の量が抑えられます。

海外旅行は小荷物がおすすめ!

海外旅行では人間だけでなく、荷物の運搬にも費用が必要になることがあります。帰りにはどうしてもお土産を買って荷物が増えることになりますし、荷物が多いと現地での移動も大変になります。できるだけ荷物を抑える工夫をしましょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加