TOP > 旅のお役立ち情報 > 薬の持ち込みは大丈夫? 海外に行く際の、薬の所持方法とは

薬の持ち込みは大丈夫? 海外に行く際の、薬の所持方法とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外への出張や旅行の際、気にしておきたいのが体調のことです。特に長期の場合、体調が悪ければせっかくの旅行を楽しむことができませんし、出張中なら仕事にも悪影響が出てしまう可能性もあります。

そんな時に頼りになるのが薬。持病がある方は処方薬を、普段から買っている薬がある方は常備薬を持っていきたいところですが、気になるのは機内への持ち込みの可否などです。

今回は、海外に行く際の薬の知識について紹介していきます。

基本的に薬は持ち込みOK! ラベルには注意を

まず、原則として薬の機内持ち込みは可能です。空港では保安検査場での手荷物検査がポイントになりますが、錠剤やカプセル剤などであれば、特にバッグから出すこともなく、そのまま検査を通過することができます。

ただし、航空会社によって規定は違いますが、製造元や調剤元の名前が明記されたラベルが添付されていることを持ち込みの条件としているところもあります。小分けにして持ち運ぶときなどはラベルも携帯しておくと安心です。

また、旅行日程の長さに対して薬の量が多いような場合は、保安検査場で係員から質問を受けるようなケースもあります。処方薬であれば、かかりつけの医師に相談して英語の証明書など、渡航先でも読めるような書類を用意しておきましょう。

渡航先で特定の薬が認められていないケースも

機内に持ち込みできる薬でも、渡航先では持ち込みが認められていないケースもあるので注意が必要です。

たとえばアメリカの場合、日本で「第2種向精神薬」として規制されている「フルニトラゼパム錠剤」の一切の持ち込みを禁止していて、所持したまま入国して懲役刑を科せられたようなケースもあります。

処方薬について不安なときは、外務省や日本旅行医学界のホームページなどで確認、または渡航先の在日大使館に連絡を取るなどしてチェックしておきましょう。

現地では小分けにして持つのがおすすめ

お金などもそうですが、旅行中、重要なものをまとめて持つことはリスクが高く、おすすめできません。もしも、処方薬がすべて入ったバッグを紛失したり、盗難されたりしてしまうと、旅行中に再度入手するのは非常に大変になります。

大事な薬は、ひとつのバッグにまとめて入れておくのではなく、小分けにしてホテルに置いておいたり、ポーチに入れたりと工夫しておくことが大切です。

症状が出たら「できるだけ早く」が大事

現地の学力に堪能な人でない限り、現地で薬を買うのは一苦労でしょう。そのため、特に普段から飲んでいる処方薬がないという人も、酔い止めや痛み止め、風邪薬くらいは持って行くと安心です。

薬を飲むタイミングは、普段から飲んでいるものであればそれに合わせるのが一番ですが、基本的には痛みや悪寒など、症状が出たらすぐに飲むように心がけましょう。

ただ、薬だけに頼ることなく、思った以上に体調がすぐれないようであれば、現地の医療機関を利用することも検討してください。

Winterキャンペーンバナー

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加