少しの工夫で忘れ物を予防しよう!海外旅行中に心がけたい忘れ物対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行中に忘れ物をすると、基本的になくしたものは戻ってきません。ただ、どれだけ気をつけているつもりでも、「つい」やってしまうのが忘れ物。100%ミスを避けることができないからこそ、海外旅行中に効果的な忘れ物対策を知っておく必要があるでしょう。

今回は、忘れ物の予防に役立つ、おすすめの忘れ物対策をご紹介します。

バラバラに置かずになるべくまとめて置く

海外旅行中の忘れ物を防ぐ一番簡単な工夫は、「常に荷物を一箇所にまとめる」ことです。トイレへ行くために仕方なく荷物から目を離すときも、ホテルの部屋に入った後も、食事中も、荷物をまとめる癖をつけておきましょう。

海外旅行中は、自分が思っているよりも慣れない環境に疲れていることが多いです。普段はしっかりしている人でも、疲労や戸惑いからつい置いた荷物を置きっぱなしにしてしまうというケースも少なくありません。スーツケースを広げて明日着る服や買ってきたものを適当に置くといった状態で、雑な荷物整理をしていると、どこかで忘れ物をしてしまいます。

特に注意して欲しいのが、

  • ホテル
  • トイレ

の忘れ物。持ってきた荷物を広げるホテルは、荷物を分散させた結果忘れ物をしたり、帰国日に慌てて荷造りをしている最中に忘れ物をしたりしやすい場所です。また、トイレで手を洗う際に腕時計や手荷物を一時的に洗面台へ置いたり、トイレの個室内で一旦スマホを置いたりした結果、その場に忘れてしまう人もいます。

  • 重要なものもそうでないものも自分の近くから遠ざけない
  • 小さな荷物を手放すときは、その辺に置かずポケットに入れる

ことを心がけましょう。

目につきやすい場所に目立つように置く

財布やスマホ、パスポート等の貴重品の忘れ物を防ぐコツとしておすすめしたいのが、「目につきやすい場所に置く」ことです。

たとえば、メガネやコンタクトを利用している人なら、朝ホテルで目覚めてから最初に使う場所、ベッドのサイドボードや洗面台に貴重品をまとめて置くと良いでしょう。荷物を分散させると忘れ物のリスクは上がってしまいますが、かといって何かあるたびにすべての荷物をスーツケースや手荷物用のバッグに収納するのは大変です。「貴重品はここ」「それ以外の荷物はここ」と荷物を置く場所を決めておけば、忘れ物のリスクにも対処できるでしょう。

また、現地で食事をする際に荷物を置くときは、自分の目の届く場所に置くことも大切です。比較的フォーマルなレストランだと、入店時に荷物を預かってもらえますし、給仕の目も光っています。 しかし、一般的な飲食店なら荷物の管理は自己責任。大きなスーツケースや目立つバッグでも、犯罪者に目をつけられたら、一瞬でも荷物から気をそらした瞬間に盗まれてしまいます。たとえ数分でも、足元や背後など、見えない場所に荷物を置くことはおすすめできません。

できれば、荷物の一部を体に触れさせておいたり、バッグやリュックの持ち手に手や足を通したり、自分の目の前に荷物を置いたりして、盗難や紛失のリスクを下げましょう。

持ち物のチェックリストを作る

海外旅行中は、大量の荷物を持ち運びます。1泊2日や日帰りの海外旅行ならともかく、現地に数日間滞在する予定があるなら、持ち物のチェックリストを作っておきましょう。持ち物のチェックリストは、メモ用紙等に書き込んだり、スマホのメモアプリに打ち込んだりして用意すると楽です。

一つひとつ持ち物をチェックするのは面倒ですが、持ち物をすべてリストアップしておけば、忘れ物をしたとき確実に気づくことができます。

可能なら、持ち物のチェックリストは、滞在予定の中日と最終日の前日で、2回分用意しておきましょう。海外旅行の途中で忘れ物に気づくことができれば、「どこに忘れ物をしたか」を思い出す手間が楽になります。また、2回分のチェックリストがあれば、旅行中に使い切った消耗品や新しく買った荷物、お土産等の増減も書き足しておくことも可能です。

多くの場合、帰国日に忘れ物に気づいても、取りに戻る余裕がありません。荷物のチェックは、最終日前日の夜に済ませましょう。

ホテルのチェックアウト前に確認したい場所はココ!

海外旅行先のホテルに忘れ物をする人は多いです。ただ、利用スペースや死角の限られたホテルは、「忘れ物をしやすい場所」がある程度、決まっているので、チェックアウトをする前に以下の場所を重点的に確認しましょう。

  • ベッドの中
  • 洗面台
  • 机の引き出し

寝る前にスマホやタブレット、ゲームをしていると、掛け布団やシーツの隙間、ベッドの隅等に荷物が紛れ込んでいることがあります。また、メガネやアクセサリーを外す洗面台の鏡台も要注意ポイントの一つ。机の引き出しに貴重品を収納したまま忘れてしまう場合もあります。

うっかりによる忘れ物は少しの工夫で予防可能です。忘れ物対策のコツを押さえて、貴重品や愛用品、日本へのお土産を無事に持って帰りましょう。

国内用レンタルWiFiキャンペーン実施中!

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加