TOP > 海外用WiFiレンタルサービス > アメリカWiFi

アメリカでインターネットを使うならデータ使用量無制限のABCWiFi

アメリカでインターネットを使うならデータ使用量無制限のABCWiFi

アメリカでインターネットを使うなら
データ使用量無制限

ABCWiFi

手数料・引渡料一切無料
マイルやポイントがたまる!
5台まで同時接続が可能!
4G・LTE対応!

海外WiFiレンタル 夏たびキャンペーン実施中

手数料・引渡料一切無料!

手数料・引渡料
一切無料!

マイルやポイントがたまる!

マイルやポイントが
たまる!

5台まで同時接続が可能!

5台まで
同時接続が可能!

4G・LTE対応!

4G・LTE
対応!

ポイント1

JAL ABCのアメリカWiFiは
データ使用量無制限で通信料は
安心の定額制!

JAL ABCのレンタルWiFiなら料金定額制なので
データ通信を多く使うビジネスマンやストレスなくSNS投稿、マップの表示をしたい方におすすめ!
さらに、手数料・引渡料も一切無料で利用することができます。

3G
プラン
4G・LTE
プラン
アメリカ合衆国
(本土のみ)
アメリカ合衆国
1,250円/日

<今なら20%OFF>
1,000円/日

通信料以外にかかる諸費用

空港利用料/
受渡し手数料
レンタル料 オプション料
(任意加入)
キャンセル料* 宅配受取り送料
(5台まで)
0 0 210円/日 1,000円/日 750円

※キャンセル料について:レンタル開始日から起算して3日前以降のキャンセルの場合、キャンセル料がかかります。

※宅配受取りをご希望の場合はお電話でご予約をお願いいたします。

ご注意事項

お支払はクレジットカード、現金または電子マネーにて承ります。 お貸出の際にご本人確認(運転免許証、パスポート等)ができるもの、ご本人様のクレジットカードをご用意願います。 ご利用可能エリア(国々)により、機材が異なります。ご利用いただける機材につきましては、別途お問い合わせください。

さらに

JAL ABCのWiFiレンタルなら
JALマイレージ
Pontaポイント
たまります!

特典の詳細はこちら

  • レンタル1台につき200マイル!
  • ご利用料金200円で1ポイント!

複数国渡航の方にお得な
周遊タイプ

アメリカ以外にも複数国へ渡航される場合は、
周遊タイプが便利でお得!

複数国渡航される方はこちら

ポイント2

アメリカの主要都市を網羅!
ご利用可能エリア

  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • ダラス・フォートワース
  • シカゴ
  • サンディエゴ
  • ボストン
  • サンフランシスコ

など、アメリカ本土の主要エリアをカバーしています。

※JAL ABCの通信サービスは、現地通信会社の回線を使用しています。
通信環境によっては、通信速度が遅くなったりご利用できない場合がございますのであらかじめご了承ください。

アメリカ(本国)のWiFi状況

フリーWiFiスポットが世界一多いと言われる程、至る所でフリーWiFiが利用できます。主要国際空港はもちろん、レ ストランやカフェなどでも、購入したレシートにあるパスワードを入力するといった方法でフリーWiFiを提供しています。また、グランドキャニオン・セントラルパークやナイアガラの滝などの有名観光スポットでもフリーWiFiが使用可能です。ですが、フリーWiFiなので、セキュリティー面が心配な場合は利用を控えた方がいいでしょう。通信速度はそれほど遅くないようですが、日本国内と同じ通信環境とはいかないので、ストレスを感じる人はいるのではないでしょうか?もちろん移動中も通信が出来くなくなりますので、どこでもインターネットを利用したい方には不便かもしれません。

ポイント3

ご利用は簡単!
空港でらくらく受取り&返却

お申し込み/ご予約

お申し込み/ご予約

インターネットもしくはお電話でお申し込み。当日レンタルも承ります。

当日レンタルは、カウンター在庫限りとなります。
お受取

お受取

ご出発空港の出発階にてお引渡し。ご自宅や勤務先などへの配送も行います。

宅配受取の場合は、お電話でのご予約となります。
ご返却/ご精算

ご返却/ご精算

ご到着階のABCカウンターで返却。クレジットカードや現金、電子マネーでご精算ください。

JALABCのレンタルモバイルサービスは
全国主要空港のカウンターにて提供しています。

JAL ABCなら、アメリカ用携帯電話もWiFiルーターと
同一カウンターで受取・返却が可能です。

海外携帯レンタルサービスはこちら

渡航する前に

ESTAの登録申請はお済みですか?


ESTAとは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年から義務化された、 ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべての渡航者は、 米国行きの航空便や船便に搭乗する前にESTA渡航認証を受けなければなりません。 お客さまご自身で米国大使館サイトから直接登録申請手続きができますが、入力項目も多く非常に煩雑なフォームとなっております。
そこでJALABCではESTAの申請代行サービスを行っております!
シンプルで入力しやすいフォームから必要事項を入力するだけ!JALABCがお客さまに代わってESTA申請の手続きをさせて頂きます。

JALグループスタッフの
アメリカおすすめ情報

マンハッタンのフェリークルーズ

ひと味違うマンハッタン観光がしたければ、フェリークルーズがおすすめです。サークルラインでは、2時間30分かけてマンハッタン島を1周するベスト・オブ・ニューヨーク・クルーズ($41)や、夜景を楽しむ1時間30分のツアー($36)を催行しています。乗船場所はピア83.

野球と夜景を堪能できるボールパーク

スタテン・アイランド・ヤンキースは、大リーグNYヤンキース傘下のマイナーチーム。そのホーム球場、リッチモンド・カウンティ・バンク・ボールパークはニューヨーク湾岸に位置し、全米で最もすばらしい景観が望める球場といわれています。マンハッタンのフェリー乗り場からフェリーに乗って25分、自由の女神を見ながら球場に向かいます。入場料も安く、軽食やソフトドリンクが食べ放題・飲み放題になるチケットもあります。試合を見ながらマンハッタンの夜景を眺めることができます。冬季はクローズ。

気持ちのいいウォーターフロント

ニュー・イングランド水族館からコロンブス・ウォーターフロント公園にかけては、クルーズ船やヨットが並び港町の情趣いっぱい。ホエールウォッチングツアー(4月~10月)もここから乗船可能です。夏はオープンテラスでコーヒーやカクテルを楽しめます。

ボストンの地ビール

ボストンがあるニュー・イングランド地方は地ビールの醸造が盛んで、書規模の醸造設備をもつバーもあります。ボストンを代表する「サミュエル・アダムス」や「ハーブーン」は地元ではドラフト(生)でサーブされ、ラガー・エール・IPAなど種類も豊富です。 

建国の歴史を巡るフリーダム・トレイル

ボストンでは、全長約4kmの赤い線が引かれている歩道があります。このフリーダム・トレイル沿いには、主にアメリカ独立の歴史、文学史ゆかりのスポットが16ヵ所あります。すべてを訪れると半日以上かかりますが、ボストン側のみなら2時間程度。スタート地点はアメリカ最古の公園、ボストン・コモン。古きよきアメリカにタイムトリップするような歴史観光はいかがでしょうか?

街歩きが楽しいビーコン・ヒル

外部からの侵入者があったときに警報を発する「のしろ台」に由来するビーコン・ヒルは、石畳とれんが造りの街並みが素敵。所々にバーやお洒落なカフェがあるので、立ち寄りながら散策するのも楽しいです。マウント・バーノン通りやチャールズ通りがおすすめ。ただし、石畳が続くのでハイヒールはNGです。

ぐるりと360度ロサンゼルスが見渡せる展望台

ダウンタウンから車で約30分、空港から約25分。カルバー・シティにあるボールドウィン・ヒルズ展望台は、東にダウンタウン、北西にハリウッド・サイン、西にサンタモニカ方面のビーチ、そして南に空港が見渡せる展望台。麓から車で登ることもできますが、坂道や石段を歩いて行くこともできます。

セレブも集まるお洒落なマーケット

サンタモニカに近いブレントウッド・カントリー・マートは、洋服やバッグ、アクセサリー、化粧品、雑貨などを売る、小さなショップが集まるマーケット。どの店を覗いてみてもセンス抜群。セレブがわざわざやって来るのも納得です。コーヒーやアイスクリーム、パン、チーズやワインなどの食材店もあります。雰囲気のいいカフェだけでなく、中庭には屋台風の店もあり、気持ちのいい青空の下でハンバーガーにかぶりつくこともできます。お洒落場お土産探しにもおすすめです。

一度は乗りたいケーブルカー

ダウンタウンからフィッシャーマンズ・ワーフ方面に行くときに便利ですが、いつも混んでいるのが難点。ケーブルカーに乗ることが目的なら、市内中心部を東西に走るカリフォルニア線がおすすめです。途中下車してグレース大聖堂を訪れることもできますし、チャイナタウンで下車すれば、お土産を探しながら歩いてダウンタウンに戻ってくることもできます。

美しい夜景を眺める2つのスポット

ひとつはダウンタウンの南西にある、標高約280mの山ツインピークス。文字通り2つの頂が並んでおり、ここにある展望台からは、ダウンタウンをはじめ市街が一望の下。夜に訪れれば、足元に光の絨毯が広がる圧巻の夜景が眺められます。もうひとつの夜景スポットは、ベイ・ブリッジでオークランドに向かう途中にある島、トレジャー・アイランド。ここからは、ライトアップされたベイ・ブリッジと高層ビルのスカイラインを同時に眺めることができます。特に空にまだ明るさが残る、夕暮れ時がおすすめ。

学生の街、バークレーでショッピング

カリフォルニア州立大学バークレー校のキャンパスがあるバークレーは、サンフランシスコのダウンタウンからバートで約30分。サンフランシスコ湾の対岸にあり、先進的な北カリフォルニアの中でも、特に環境問題や社会問題に対して、高い意識を持った人々が暮らす地域でもあります。自然素材にこだわるアパレルショップやオーガニックのカフェなども多数あり、芝生が広がるキャンパスでしばし学生の気分を味わうのも旅の思い出になるかもしれません。

ベイ・ブリッジを眺めながら散策を楽しむ

いくつものレストランや食材店が並ぶ、サンフランシスコ随一のグルメスポットであるフェリー・ビルディング。ベイ・ブリッジを仰ぎ見るこの場所から、散策を楽しんでみましょう。海沿いの大きな通りに沿って遊歩道があり、北西に向かえばフィッシャーマンズ・ワーフが、南に向かえば大リーグの強豪チーム、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地である球場AT&Tパークがあります。道に沿って、海に突き出したいくつもの桟橋があり、橋から離れるにつれ、少しずつ風景が変わっていきます。レストランやカフェもあるので、歩き疲れたら橋を眺めながらひと休みするのもいいでしょう。


■JALシティガイドマップ「ボストン」「ニューヨーク」「サンフランシスコ」「ロサンゼルス」より転載
詳しくはこちら


お申込みはこちらから

IP電話等、フリーダイヤルが繋がらない場合には、03-3545-1143にお掛け下さい。
(通話料はお客さまご負担となります。)

受付時間:
平日 9:00~18:00
土日祝 9:00~17:00(日本時間)