好きな場所に行ける!海外旅行でレンタカー&カーナビを活用する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海外でドライブを楽しみたい」
「公共交通機関は時間やスケジュールが制限されるから、自分で好きなように移動したい」

という人におすすめしたいのが、海外レンタカーとカーナビの組み合わせです。ただし、日本と海外では、運転に必要な免許や運転ルールが違います。ドライブ中に迷子になったり、事故を起こしたりすると、せっかくの旅が台無しです。

今回は、海外レンタカーの借り方や、現地でカーナビを利用する際に知っておくと役立つテクニックをご紹介します。

海外レンタカーの借り方

現地で通用する国際ライセンスを取得する

海外レンタカーを利用するにあたって、真っ先に必要なのが、現地で使える国際ライセンスの取得です。日本の運転免許はあくまでも国内用なので、海外に免許証を持って行っても運転することはできません。

そこで必要になるのが、国際ライセンスです。国にもよりますが、日本の免許は「ジュネーブ条約」という国際ルールに基づいて作られています。旅行先がジュネーブ条約の加盟国なら、日本の運転免許を持っている人が、運転免許センターや試験場、警察署等で国際ライセンスの申請手続きをすれば、現地で車を運転できるようになります。

なお、国際ライセンスの期限は発行から1年間、取得時にパスポートなどの準備も必要になります。警察署で申請すると発行まで2週間程度かかりますが、そのほかの施設なら数十分で国際免許を交付してもらえます。

海外レンタカーの予約と保険の手配をする

国際ライセンスを取得したら、次に必要なのが海外レンタカーの予約です。海外でレンタカーを借りる場合、保険の手配も必須です。万が一、現地で事故を起こした場合、保険に入っていないと莫大な補償金を負担する羽目になってしまいます。

現地でレンタカーを借りて移動する

レンタカーの予約と保険の手配をしたら、空港到着後にレンタカー会社の窓口へ向かい、レンタカーの利用手続きを進めましょう。利用時や契約上の注意点に関する説明を受けた後、車の鍵をもらえば受付終了です。

利用期限までにレンタカーを返却する

海外でも日本と同様、レンタカーは指定の期限内に返却する必要があります。ただ、日本のレンタカーはガソリンを満タンにしてから返却するのが一般的ですが、海外レンタカーはガソリンの扱いが契約によるため、注意が必要です。ガソリンも込みの契約なら、ガソリンを補充する必要はありません。しかし、返却時にガソリンが減っていると別料金がかかる契約をしている場合、ガソリンを満タンにしてから返却した方がスマートでしょう。

レンタカーを返すのはたいてい旅行の最終日なので、時間的な余裕がありません。トラブルにならないように、契約内容は出発前に確認しておきましょう。

日本で海外レンタカーを予約するメリット

海外レンタカーは、現地で予約することもできますが、日本で予約しておくのがおすすめです。その理由を以下で解説していきます。

日本語で好きなプランを選べる

海外のレンタカーは、保険の有無やガソリンの扱いといった細かい部分が日本のレンタカーと違います。現地のレンタカーを日本語で予約できるサービスを使えば、勘違いや誤解をした状態で契約する心配はありません。

現地の手続きが短時間で終わる

事前に日本でレンタカーを予約しておけば、空港での手続きが最短で終わります。予約の確認や、サインだけでレンタカーの貸し出しを受けられる点が大きなメリットです。また、その場でどのプランにするか悩む必要がなく、時間も無駄になりません。

レンタカー会社によって日本語対応のカーナビも利用可能

レンタカー会社によっては、日本語対応のカーナビを選択できる場合もあります。基本的に、現地のカーナビは英語や現地語仕様なので、語学力に自信がないなら前もって国内でレンタカーを予約しておきましょう。

海外でカーナビを使うときのテクニック

海外でカーナビを利用するときは、出発前にカーナビを海外レンタルWiFiでネットにつなぎ、目的地周辺のマップ情報をダウンロードしておくことをおすすめします。地図データが不足していると、正確にナビしてもらえないからです。

また、海外では標準プランにカーナビが含まれていないケースも少なくありません。カーナビの有無がわからない場合や、カーナビの料金を節約したい場合は、日本からポータブルタイプのカーナビを持ち込むのも一つの手です。

スマホをカーナビにできるアプリも便利!

「カーナビオプションにお金をかけたくない」
「ポータブルのカーナビを買っても海外旅行以外で使う予定がない」

という方は、スマホに「Googleマップ」アプリを入れ、カーナビ代わりに使いましょう。地図アプリとして有名なGoogleマップには、道案内機能も付いています。ただし、レンタカーに、スマホを固定するための装置は搭載されていません。スマホをカーナビとして使うなら、スマホホルダーも日本から持って行くと良いでしょう。

JALABCならレンタルWiFiの当日予約も可能です!

WiFiをレンタルするのを忘れてしまった!という方も安心!
空港到着・受取り前に当日インターネット予約ができます。

※当日レンタルの場合はカウンター在庫限りとなります

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加