「トランジット」と「トランスファー」の違いや注意点を解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行でよく耳にする「トランジット」と「トランスファー」。目的地へ向かう途中で、中継地の空港に立ち寄ったり乗り換えたりする際に聞かれる言葉ですが、この二つを混同して使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それぞれの行程やチケットの手続きなどで違いがありますから、正確に把握しておかないと思わぬトラブルに遭遇することもあります。

今回は、飛行機移動におけるトランジットとトランスファーの違いや、それぞれの手続きの流れ、航空券を予約する際に知っておきたいポイントなどをご紹介します。

「トランジット(一時寄港)」と「トランスファー(乗り継ぎ)」の違いとは?

トランジットもトランスファーも、中継地の空港に着陸するという点では同じです。では、何に違いがあるのでしょうか。

結論からいうと、トランジットは「目的地まで同じ飛行機で行く」、トランスファーは「中継地で乗り換えが必要」という違いがあります。

トランジット(一時寄港)とは、燃料の補給や機内の掃除などのために、中継地の空港へ一時的に立ち寄ることを意味します。滞在時間はおおよそ30分から1時間程度。便によっては飛行機から降りることもありますが、機体のメンテナンスが終われば再度「同じ飛行機に乗り込んで目的地に向かう」のがトランジットです。なお、一時滞在なので機体から降りても入国審査を受ける必要はありません。

これに対してトランスファー(乗り継ぎ)は、中継地の空港で「別の便に乗り換える」ことを意味します。乗り継ぐためにターミナルを移動したり、航空会社が異なる場合はチケットの発行手続きが必要になったりすることもあります。また、乗り継ぎの待ち時間が長ければ、入国審査を受けて現地を観光することが可能です。

トランジット(一時寄港)の流れ

上で述べた通り、トランジットには飛行機に乗ったまま過ごすケースもあれば、いったん、飛行機から降りるケースもあります。

飛行機から降りる場合は、機内に持ち込んだ手荷物を持って降りることもありますので、機内アナウンスを聞き逃さないように注意しましょう。なお、降りる前にはトランジット客であることを証明するカードを配られるのが一般的です。

空港には、トランジット客が過ごすための「トランジットルーム」が用意されています。出発予定時間まではここで過ごし、予定時間になったらトランジット客用のカードを提示して元の座席へ戻ります。

トランジット(一時寄港)のメリットと注意点

トランジットのメリットは、以下の点が挙げられます。

  • スーツケースを預けっぱなしにしておける
  • 待ち時間が短く疲れづらい
  • 再搭乗のゲートが近いので慌てずに休憩できる
  • 長距離フライトだとトランジットの待ち時間で体を休めたりほぐしたりすることも可能
  • 往復の航空券だけで行き来できるためチケットの紛失などが起こりづらい

トランジットの注意点の一つは、「乗り遅れないこと」。アナウンスで呼びかけたり、CAが探しにきてくれたりするとは限りません。トランジットルームで居眠りなどをすると、再搭乗に間に合わなくなる可能性もありますので、くれぐれも注意しましょう。

また、トランジットルームに忘れ物をすると原則回収できません。忘れ物には気をつけましょう。

トランスファー(乗り継ぎ)の流れ

トランスファーの流れは、まず中継地の空港に到着したら手荷物を持って飛行機を降ります。乗継便の航空会社が違うときなど、預けていたスーツケースも空港の手荷物受取所で持って降りることもありますので、事前に確認しておきましょう。

その後、乗継カウンターを探して乗継便のチェックイン。国際線から国内線へ乗り換える際には、ターミナルを移動することもあります。また、飛行機が遅れると乗継便に乗り損なうケースもありますので、時間に余裕をもって計画することが大切です。出発時刻が近づいたら搭乗ゲートへ向かい、乗継便で目的地へ向かいます。

トランスファー(乗り継ぎ)のメリットと注意点

トランスファーのメリットは、以下の点が挙げられます。

  • 待ち時間が長ければ、空港や中継地の観光を楽しめる
  • 直行便より安く目的地へ向かうことも可能

なお、中継地で24時間以上滞在するとストップオーバーとなります。航空券によってはストップオーバーができないこともありますので、中継地で観光予定の方は事前に確認しておきましょう。

このほか、搭乗券の紛失も注意が必要です。「日本→中継地」と「中継地→目的地」は別便なので、出国時に複数の航空券を手渡されます。特に乗継便のチケットをなくさないよう、しっかり管理してください。

トランジットとトランスファーには、それぞれのメリットや注意点があります。目的地へ向かうのにどちらかを選べる場合は、旅行予定や自分に合った方を選んで旅を満喫しましょう。

JALABCならレンタルWiFiの当日予約も可能です!

WiFiをレンタルするのを忘れてしまった!という方も安心!
空港到着・受取り前に当日インターネット予約ができます。

※当日レンタルの場合はカウンター在庫限りとなります

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加