TOP > 旅のお役立ち情報 > 年末年始の女子旅におすすめ ~冬の星空を見に行こう~

年末年始の女子旅におすすめ ~冬の星空を見に行こう~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうそろそろ年末年始の旅行計画を立て始めている方も多いのではないでしょうか。空気がさえる冬は、星空を見にいくのに最適のシーズンです。今回は、冬の星空が楽しめる厳選スポットを3カ所ご紹介します。

 

 

「日本一の星空」長野県阿智村



長野県の南西部に位置する阿智村は、人口6,600人程度の小さな村です。
環境省による2006年の全国星空継続観察で、「星が最も輝いて見える場所」第1位に認定されたことで、「日本一の星空」が楽しめる村として注目を集めるようになりました。

 

阿智村を訪問したらぜひ参加すべきなのが、満天の星空を満喫する「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」です。標高1,400mの高原にあるスキー場「ヘブンスそのはら」を舞台に、ため息のもれるような絶景の星空を味わえます。多いときには、一晩で2,000人もの参加者を集めることもあり、人気のほどがうかがえます。

 

なお、星空観察プログラム中は、すべての照明が落とされるため、19時30分で山頂駅「ステーションデネブ」行きのゴンドラ運行が終了しますので注意しましょう。ナイトツアーは、ガイドの天体解説を聞きながら夜空を楽しむスタイルなので、レジャーシートを持参しての場所取りも大切です。また、冬場はとても寒くなるので、防寒着やブランケットを持参することをおすすめします。

 

阿智村には、美肌の湯として知られる昼神(ひるがみ)温泉があり女子旅にはうってつけです。昼神温泉の宿泊と周辺のゴルフ場でのワンラウンドがセットになったゴルフパッケージもあるので、ゴルフ女子にもおすすめといえます。昼間はゴルフ、夜は温泉でゆったりして満天の星空観察といったフルコースはいかがでしょうか。

 

 

南十字星を見よう!沖縄県小浜島



NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台になったことで注目を集めた沖縄県の小浜島は、八重山諸島を代表するリゾートです。

石垣島と西表島の間にあるこの小さな島は、国内屈指の星空を楽しめる場所としても知られています。その秘密はまず、八重山諸島が日本上空を流れるジェット気流から外れており、大気のゆらぎが少ないことです。さらに、小さな島は地上に明かりが少なく、夜になるとあたりは真っ暗になります。

 

1年を通じて温暖な気候なので、冬場の星空観察でもつらい思いをすることがありません。小浜島は、日本で多くの星座が観測できるスポットとしても知られています。北半球に位置する日本からは南半球の星座が見えませんが、赤道に近い八重山諸島に位置する小浜島からは、南半球の星座も観測できるのです。夜空にまたたく南十字星(サザンクロス)はえもいわれぬ感動を味わえるでしょう。

 

リゾートステイやダイビング、シュノーケルに星空観察とさまざまなアクティビティが楽しめます。小浜島で非日常感が味わいながらリラックスできる旅を堪能しましょう。

 

 

満天の星空と絶景を楽しもう!北海道美幌峠



北海道の美幌峠は、阿寒国立公園内に位置する標高525mの峠です。こちらも国内屈指の星空スポットとして名をはせています。頂上にある道の駅「ぐるっと美幌峠」の展望台からは、満点の星空と国内最大のカルデラ湖・屈斜路湖という北海道ならではの景色が満喫できるでしょう。

 

美幌峠へのアクセスはレンタカーになります。阿寒国立公園に隣接した奥屈斜路温泉が最寄りの温泉になりますが、網走湖や知床の温泉宿やホテルに宿泊してもよいでしょう。

 

また、美幌峠に近接する摩周湖も星空の撮影スポットとして知られています。周辺には、冬の間は通行止めになるエリアもあるので、安全運転で出かけてください。

 

 

今年の冬は星空を見に行こう!

日本全国北から南まで、満天の星空を満喫できる絶景スポットをご紹介しました。冬は星空観察にぴったりの時期です。さえわたる夜空から星座を見つける喜びを味わいに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加