TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外旅行中に「不便だ」と感じたのはどんなとき?

海外旅行中に「不便だ」と感じたのはどんなとき?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく海外旅行に出かけるならば、日本と全く異なる雰囲気の中で過ごしてみたいですよね。しかし、言語・気候・習慣まであらゆる点で日本と違う場所に行くと、どうしても困ってしまう場面に出くわすことがあります。

日本は世界の中でも安全面や衛生面を重視する傾向にあるため、海外で思わぬトラブルに巻き込まれ、戸惑ってしまう方も多いようです。もしも環境が合わなくて体調を崩してしまったり、現地で詐欺被害に遭ってしまったりしたら、せっかくの海外旅行が台無しになってしまいます。

そこで今回は、全国の海外旅行経験者を対象に、「旅行中に不便さを感じた瞬間」についてアンケート調査をしました。海外旅行をするなら、これからご紹介するポイントに注意して準備を進めることをおすすめします。

【質問】海外旅行中に不便さを感じた瞬間はどのようなときですか?

an_img01.png

【回答数】

言葉が通じない・読めない時・・・56%

体調に変化があった時・・・18%

お金のやり取りをする時・・・17%

インターネットを使いたい時・・・8%

その他・・・1%

1位:言葉が通じない・読めない時・・・56%

「注文が伝わらなくて困った」

身ぶり手振りでも通じないときは本当に困ってしまいます。レストランでオーダーしたものと全然違うものが出てきてしまったことがあります。(東京都・55歳・男性)

タクシーで行き先を伝えたが、ドライバーに間違って伝わってしまい、着いたら行きたい場所と違うところだった。(長野県・35歳・女性)

レストランで注文する時簡単な単語なら喋れるが、読めない単語だと理解できない(神奈川県・43歳・男性)

「目的地までたどり着けなくて困った」

初めてアラビア文字圏に行ったときは、標識すらわからずに慣れるまで戸惑いました。(愛知県・31歳・女性)

日本ほど公共交通機関の外国語表示併用が進んでいないので、目的地まで沢山乗り換えしなければならない場合などは毎回結構苦労させられるから。(兵庫県・44歳・男性)

観光で街を歩く際に、行きたい場所を聞きたい時は言葉が通じないと聞く事もできないので不便だった。(広島県・46歳・男性)

1位は「言葉が通じない・読めない時」でした。言葉が分からないと、レストランやタクシーを利用した際に上手く伝わらず、困ることがあります。また、海外では標識に現地語以外を載せていないところが多いため、目的地までたどり着くまでに苦労することが多いようです。

2位:体調に変化があった時・・・18%

「体調が悪くなったときの対処が難しい」

体調が悪くなったとき

お腹を下した時に食中毒かと心配になったが病院にも行けず、耐えるしかなかった。(福岡県・31歳・女性)

具合が悪くなった時、薬局に馴染みの薬は置いてないし、気軽に医者にも行けないので不便だった。(岐阜県・24歳・女性)

海外の病院事情に詳しくないので、海外で体調が悪くなると、病院に行くことに対して抵抗感があるから。(千葉県・31歳・男性)

2位は「体調に変化があった時」です。海外旅行中に体調を崩してしまう方は多いものの、慣れない土地で具合が悪くなると、普段以上に不安を感じてしまいます。病院や薬局へ行くのもハードルが高いでしょう。症状が重くなるのを防ぐためにも、調子が悪いと感じたら無理をしないよう気をつけましょう。

3位:お金のやり取りをする時・・・17%

「慣れない通貨のため扱いづらい」

お金のやり取り

お札やコインの金額が一目でパッと分からず、しかも日本で馴染みの10ごとに区切られた単位でない場合があるため、レジで計算に時間がかかって焦ることが多い。(大阪府・51歳・女性)

日本とは通貨が違うので、日本円だといくらになるのかがとっさに分からなくて戸惑います。(山口県・29歳・男性)

レストランなどでのチップの計算が面倒くさいこと(埼玉県・56歳・男性)

「お金のやり取りをする時」が3位でした。慣れない通貨に戸惑ったという方はたくさんいます。海外では“チップは当然払うもの”という認識があるため、払わないとトラブルになる可能性もあります。事前にガイドブックでチップが必要な場面と、相場について確認しておきましょう。

海外旅行で非日常を楽しもう!

今回は、海外旅行中に不便さを感じる瞬間についてご紹介しました。1位に選ばれたのは「言葉が通じない時」で、海外旅行経験者たちは、ホテル・レストラン・タクシーといったあらゆる場面で苦労した経験をお持ちのようです。身振り手振りで伝えたり、知っている単語を並べたりすることでなんとか乗り切ったという意見もありました。

少しでも言葉に関するトラブルを少なくするためには、旅行中によく使うフレーズだけでも覚えておくと便利です。特に、数字は覚えておくとホテルや買い物などさまざまな場面で役に立ちます。可能であれば現地語で100まで覚えておきましょう。翻訳アプリを入れておくのもおすすめです。

また、現地の水や食べ物が体に合わず、体調を崩してしまう方も多いようです。万が一病院に行かなければならなくなったときのために、海外旅行保険に入っておくと安心です。

海外旅行では不便さを感じる場面が多々ありますが、あらかじめ準備をしておけばトラブルを軽減することも可能です。旅行前にしっかりと対策をして、快適な海外旅行を実現しましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加