TOP > 旅のお役立ち情報 > 夏に南半球へ渡航するときの着替えるタイミングって迷う!

夏に南半球へ渡航するときの着替えるタイミングって迷う!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に南半球へ旅する際に注意すべき事の1つが、向こうは冬に当たるということです。
ここでは、どのように冬物の服装を準備し、どのタイミングで着替えるべきかを解説します。

日本が夏の時、南半球は冬

日本の夏といえば、プライベートでは半袖・短パン・サンダルといった服装で過ごされている方も多いでしょう。
しかし、そのような服装で旅行先の空港に降り立つと後悔するかもしれません。
なぜなら、南半球ではその時期は冬にあたるからです。

日本の夏の時南半球は冬

南半球でも、熱帯地方や、近くを暖流が流れているような地域であれば、日中は夏の服装で問題ないというケースもあるのですが、そういった場合でも、やはり朝晩は冷え込んで防寒対策が必須ということも多いです。
旅行先がどのような特質の気候であるか、予め十分にチェックして、パーカーやブルゾン等、相応の服装を準備していきましょう。地域によっては雨や雪が降るところもあるため、必要であれば折り畳み傘なども準備していきましょう。

着替えは機内に持ち込む!

では、着替えを準備したとして、どのタイミングで着替えればよいのでしょうか?
結論から言うと、旅行先の空港に着いてから、適当なタイミングで着れば問題ないでしょう。

まず、日本の空港を出発する時、現地に着いたらすぐ着るつもりのパーカー・ブルゾン等は、機内に持ち込むようにしましょう。
旅行先によっては、現地空港に到着し、飛行機を降りる際、空港内に入るまで外を移動する可能性もあるため、防寒具を全て預けてしまっていては、その時にすぐ着ることができません。

機内に防寒具を持ち込んだら、現地に着くまで手荷物とともに棚の上に置いておきましょう。
飛行機に乗っている間に空調の関係で寒く感じることもあるため、手元にあると便利です。

ターミナルを出る前には万全な状態で!

ターミナルを出る前には万全な状態で!

現地の空港に着いたら、適当なタイミングで、現地用の服装に着替えてしまいましょう。
少なくとも、ターミナルを出るまでには万全な状態にしておくことです。

着替えるうえで、肌着姿になる必要がある場合は、空港内のトイレやフィッティングルームを利用しましょう。
飛行機を降りて空港の建物内に入ったら、大抵の場合はすぐにトイレがありますので、そこで着替えてしまっても良いですし、入国審査を受け、預けていた荷物を受け取った後のタイミングでも良いでしょう。

なお、着替える際には、手荷物などを付近に放置してしまい、置き引き等の被害に遭わないよう注意しましょう。
特に、飛行機の乗客以外の一般人も進入することができるエリアで着替える場合には要注意です。
治安の悪い国では、身なりの良い外国人に狙いを定めた置き引き、スリ等の被害が多発しているため、着替える際にも、手荷物からは目を離さないよう心がけましょう。
特に、パスポートや財布、携帯電話等の貴重品が入った鞄を盗まれてしまうと大変であるため、常に肌身離さず持っておいた方が賢明です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加