格安スマホユーザー必見!現地SIMカードで海外旅行中もネットを快適に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海外旅行中のインターネット通信費を安く抑えたい」 「しかし、格安スマホを使っているためキャリア限定の海外パケット定額サービスを使えない」

という人におすすめなのが、「現地でSIMカードを購入・レンタルする」という選択肢です。たいていの場合、現地の空港ではプリペイド方式のSIMカードが販売されています。使っているスマホに合ったサイズのSIMカードを入手すれば、キャリアのスマホを持っていなくても格安でインターネットを利用可能です。

今回は、海外旅行に役立つ現地SIMカードのメリットや、契約手続きの進め方をご紹介します。

1.現地SIMカードを使うメリット

キャリアの定額プランや海外WiFiレンタルよりも費用が安い

現地SIMカードを使う最大のメリットは、通信費の安さです。国や格安SIMの会社にもよりますが、現地SIMカードなら、数GB分の高速通信を数百円から2,000円程度で購入できます。多くの場合、携帯キャリアの定額プランや海外WiFiレンタルよりも安くネット環境を構築できるため、コストを重視する人にはおすすめの手段です。

通話料が安い

現地SIMカードには、日本で契約する格安SIMと同様に、「音声通話のみのプラン」「音声通話とデータ通信に対応したプラン」「データ通信のみのプラン」があります。一時的に電話番号は変わってしまいますが、音声通話に対応した現地SIMカードを契約すれば、格安料金で電話をかけることも可能です。

日本で使っているSIMカードで電話をかけると、国際通話扱いになり、高額の通話料がかかります。仕事で現地に向かう場合や、レストランやホテル等へ頻ぱんに電話をする予定がある場合は、通話機能付きの現地SIMを手に入れましょう。

料金プランの種類が多く必要に応じてチャージも可能

現地SIMカードは、

  • 1GB
  • 3GB
  • 5GB

といった形で、複数の料金プランが用意されています。現地で使う通信量に合わせて安いプランを選べるほか、通信量を使い切ってしまった場合容量の追加購入も可能なので、「使うぶんだけチャージしたい」という人にもおすすめです。

2.手持ちのスマホのSIMロック解除方法

docomo・au・SoftBankといった携帯キャリアで販売されているスマホは、「SIMロック」といって、特定キャリアやキャリアの系列SIMカードのみ利用できる設定になっている場合があります。SIMロックがかかっている状態だと、現地で購入したSIMカードを挿入してもネットにはつなげることができません。しかし、どのキャリアでも、店舗に行けば3,000円前後でSIMロックを解除してもらえます。

キャリアで買ったスマホのSIMカードを格安SIMに差し替えて利用している場合は、海外旅行の出発前にSIMロックを解除しておきましょう。

なお、キャリア以外の場所で買ったスマホ、「SIMフリースマホ」に関しては、そもそもSIMロックがかかっていないため、ロックの有無を気にする必要はありません。

3.現地SIMカードは利用方法にあわせて選ぶ

一番重要なのはSIMカードのサイズ

現地SIMカードを購入する際に、最も重要なのはSIMカードのサイズ選びです。SIMカードには、「nanoSIM」「microSIM」といったいくつかの規格があります。スマホのSIMカードスロットとサイズが違うものを購入すると、ネットにはつなげません。前もって、使っているスマホのSIMカードサイズを調べておきましょう。

通話をする予定がなければ通信のみのカードを選ぼう

通話可能な現地SIMカードは、通信のみのSIMカードよりも高いです。現地で通話をする必要がなければ、コストの安い通信のみのSIMカードを選びましょう。

予算に合わせて容量と期間を決める

旅行中に動画を見たり、容量の大きなアプリをダウンロードしたり、高画質の写真をメールで送ったりする場合は、大容量のプランを契約したほうがお得です。また、現地SIMカード業者によっては、数日分のパック料金で安く契約できる場合もあります。滞在日数とネットの使用量に合わせて、現地SIMカードの容量を決めましょう。

4.現地SIMカードの入手方法

海外旅行中に現地で使えるSIMカードを手に入れる方法は、

  • 海外対応しているSIMカードを出発前に日本で手に入れておく
  • 現地の空港やショップで格安SIMカードを購入する

のどちらかです。国内で入手する場合は、空港や街中のショップ、ネット等で海外エリアに対応しているSIMカードを購入しましょう。ただし、現地SIMカードを選ぶメリットは1にも2にも「安さ」です。多くの場合、SIMカードは現地で買ったほうが安いので、せっかくですから現地の空港や業者の窓口で購入することをおすすめします。

  • 海外旅行中の通信費を安く抑えたい
  • 海外旅行ならではの体験をしたい

という格安スマホユーザーは、現地SIMカードを利用しましょう。ただし、現地SIMカードのメリットを活用するためには、ある程度の英語力やトラブル対処能力が必要です。初めて海外旅行をする人や、語学力に自信のない人にとってはややハードルが高いので、「ネットが使えない状態で現地SIMカードの窓口を探して契約するのは難しい」と感じる場合は、やはり事前に日本で海外対応のSIMカードを購入しておくのがよいでしょう。

海外対応SIMカードは安さと手軽さが魅力ですが、1台ずつしか利用することができません。複数人で渡航する場合は、データ通信量が無制限の海外用レンタルWiFiなら、1台を複数人でシェアして利用することができるのでおすすめです。

国内用レンタルWiFiキャンペーン実施中!

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加