ゲームや動画を見ない人にも最適!海外旅行に役立つタブレットの魅力

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に持っていくと便利なアイテムの一つにタブレット端末があります。

普段、スマホやタブレットで動画やゲームをしない人や、買ったは良いけれど持て余しているという人からすれば、わざわざ荷物を増やして海外旅行にタブレットを持って行くメリットが理解できないかもしれません。しかし、タブレットは、意外と実用的な旅のお助けアイテムなのです。

今回は、ゲームや動画を見ない人にもおすすめしたい、海外旅行でのタブレット活用法を4点ご紹介します。

魅力①地図アプリやナビゲーションアプリが大画面で見やすい!

海外旅行におけるタブレットの魅力は、何といっても地図アプリの見やすさです。大きくても5インチから6インチサイズの画面を備えるスマホと比べて、タブレットは7インチから10インチのディスプレイを搭載しています。

ディスプレイのサイズが大きくなれば、その分、一度に広い範囲の地図を表示できるので、たとえば「現在地」と「目的地」の両方を俯瞰で確認することも可能です。小さな地図と大きな地図、どちらの方が使いやすいかは言うまでもないでしょう。

GPS機能付きのタブレットなら、リアルタイムで現在地を表示し、地図上のどこに自分がいるのかを把握したり、ナビゲーションアプリで目的地までの道案内を受けたりすることもできます。

タブレットで地図アプリやナビゲーションアプリを利用すれば、スマホのバッテリーも消費しません。また、スマホとタブレットで端末を複数持っていれば、万が一、どちらかを盗まれたり落としたりしても、残った端末で地図やネットを利用できます。

■魅力②スマホでは見られないPCサイトが閲覧できる!

クレジットカード

スマホでは見られないPCサイトを閲覧できるのも、タブレットならではのメリットです。

レスポンシブデザインで構築されたWebサイトが増え、スマホからアクセスするとスマホ用のデザインが表示されますが、見やすさが重視された結果、PC版よりも情報が絞られているケースがあります。

タブレットなら、画面を横向きに回転させることで、PCと同じ横長のページを確認できます。画面サイズがスマホより大きいので、文字が小さすぎて読めない、といった状態になることもありません。また、デザインが崩れない程度にページを拡大し、文字を大きくしてサイトを見やすくすることも可能です。

魅力③ノートPC感覚でメールが打てる!

「海外旅行先でも大量のメールを処理する必要がある」

「上司や取引先からのメールに返信したい」

「ブログやSNSにアップロードする長文の原稿を書きたい」

といった場合に役立つのが、タブレット端末のキーボード配列を使った文字入力です。フリック入力やトグル入力からキーボード配列へ切り替えると、ノートPCのキーボードと同じ感覚で文字を打つことができます。

フリック入力やトグル入力は、基本的に親指しか使いません。スマホならともかく、タブレットだと画面のサイズが大きすぎるので指が届きませんし、「文字→記号」「数字→文字」などの切り替えにも手間がかかります。しかし、キーボード配列を使えば、両手の指すべてを使って短時間でメールの文面を完成させられるのです。

キーボード入力機能自体はスマホにも搭載されていますが、スマホでキーボード配列を表示すると、キーボード配列でメールの本文が隠れてしまいます。実用性を考えると、長文やビジネスメールを打つ場合、キーボード配列とメールの文面の両方を表示できる、タブレットの利用がおすすめです。

魅力④外付けHDDをつなげば大容量の写真や音楽を保存できる!

保存

タブレットに外付けのHDDを接続して、「大量の写真や音楽を保存・整理するための操作画面」として使うのもおすすめです。海外旅行中に大量の写真を撮ったり、高画質のデジカメを使ったりしていると、スマホやデジカメの容量はすぐに一杯になってしまいます。

容量不足対策として、SDカードやマイクロSDカードを何枚も持ち歩くという手もありますが、薄くて小さいカードの管理は大変です。紛失したり、SDカードにどの写真を入れたのかわからなくなったりしやすいため、帰国後の整理に手間と時間を取られてしまうでしょう。

しかし、ポータブルタイプの外付けHDDを使えば、撮った写真やお気に入りの音楽などを、一箇所にまとめて保存可能です。日付や写真の種類順にフォルダ分けしておけば、後日、写真の整理や利用をするときも手間がかかりません。数十枚程度ならともかく、数百枚、数千枚の写真を撮る予定がある場合は、外付けHDD等の外部機器と連携しやすいタブレットの利用をおすすめします。

国内用レンタルWiFiキャンペーン実施中!

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加