海外WiFiレンタルのJALABC > 旅のお役立ち情報 > 現地・海外情報 > 自分に合った方法を選ぼう!海外でインターネットを使う方法4つ

自分に合った方法を選ぼう!海外でインターネットを使う方法4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行中は、

  • お腹が空いたときにおいしい飲食店を探す
  • 現地で知ったおすすめスポットについて調べる
  • 地図を見てホテルや観光地までのルート案内をする
  • バスや地下鉄の時刻表をチェックする
  • 撮影した写真をSNSにアップロードする
  • 暇つぶしにアプリやゲーム、ネットサービス等を利用する

など、インターネットを使う機会が多いです。いざ使おうと思ったときにネットの速度が遅かったり、そもそも現地でスマホをネットにつなげなかったりすると困るので、前もって海外でネットを使う方法を押さえておきましょう。

今回は、海外でインターネットを使う4つの方法をご紹介します。

①海外パケット定額サービスを使う

海外でインターネットを利用する方法の中で、一番簡単なのが「契約している通信キャリアの海外パケット定額サービスを使う」ことです。

3大キャリアが提供している海外パケット通信サービスを簡単にまとめると、

  • docomo:1時間200円(申込み必須)または1日最大2,980円の定額プラン(申込み不要)
  • au:24時間あたり980円(アプリの操作が必要・契約プランのパケットを消費)
  • SoftBank:1日あたり最大2,980円の定額プラン(申し込み不要)

となっています。注意点は、契約しているキャリアによって別途海外通信用の手続きや操作が必要な場合もあることです。

その代わり、日本にいるときと同じ感覚でネットを利用できます。回線速度も3G回線や4G(LTE)回線を利用できるので、不満を感じることはないでしょう。ただし、海外パケット定額サービスに対応していないエリアもあります。対応外のエリアでは、使った分だけ通信料がかかってしまうので、注意が必要です。

海外パケット定額サービスを使うときは、事前に渡航先が海外通信サービスに対応しているのか調べましょう。

②WiFiルーターをレンタルして使う

WiFiルーターをレンタルして使う

2つ目の方法は、海外で使えるWiFiルーターをレンタルすることです。事前申し込み必須で、WiFi用の端末を持ち歩く必要があるものの、データ通信容量が無制限のものを契約すれば、いつでもどこでも好きなだけネットを使うことができます。

WiFiルーターの強みは、1台の端末で複数のスマホやタブレットをネットにつなげること。家族や友人と一緒に旅行をする、現地で別行動をする予定がない場合、WiFiルーター1台のレンタル料金を頭数で割れば、キャリアの海外パケット定額サービスを使うより通信料を節約できます。

また、WiFiルーターは海外旅行が初めての人にもおすすめです。なぜなら、土地勘がなく言葉もうまく通じない土地では、こまめに地図アプリを使って現在地を確認したり、ルート検索を利用したりするためです。地図の読み込みは、短時間でも数十MBのデータ通信量を消費してしまいます。その他、旅行の空き時間に動画やアプリゲームをするなど、大容量のネット通信をする場合は、容量の制限がないWiFiルーターを使った方が快適です。

③海外のプリペイドSIMカードを使う

「できるだけ海外でのネット利用を安くすませたい」人は、現地で買い切り式やレンタル式のプリペイドSIMカードを購入しましょう。

国にもよりますが、たとえば東南アジアなど物価の安い国であれば、数GB分のネット利用ができるプリペイドSIMカードを1,000円以下で購入可能です。キャリアの海外パケット定額プランは高い、かといってWiFiルーターをレンタルして荷物が増えるのが嫌だという場合は、プリペイドSIMカードの利用をおすすめします。

ただし、プリペイドSIMカードを利用する場合、空港についてからSIMカードを入手するまでの間ネットを利用できません。

  • 語学力に自信がある
  • 徹底的に現地の下調べをすることができる
  • 何度か旅行したことがあるのでプリペイドSIMカードの入手場所もわかる

など、万が一トラブルがあっても自分で解決できる人に向いています。また、プリペイドSIMカードを使うためには、SIMフリーのスマホが必要です。キャリアや使っているスマホの機種によってはSIMロックの解除が必要になったり、通信方式が対応していなかったりする場合もあるので、注意しましょう。

④街中の無料WiFiを使う

街中の無料WiFiを使う

①や③の方法と併せて使うと効果的なのが、無料WiFiの利用です。データ通信量の多いアプリをホテルやカフェ等の無料WiFiで使用すれば、キャリアの海外通信プランやプリペイドSIMカードのデータ通信容量を節約することができます。

ただし、フリーのWiFiスポットは基本的にセキュリティが弱いです。周囲に悪意のあるハッカーがいた場合、検索履歴を覗き見されてスリや強盗等のターゲットにされたり、スマホに登録しているクレジットカード番号等を盗まれてしまったりするリスクがあります。

安全面や防犯のことを考えると、街中の無料WiFiは個人情報や支払い情報を残していないネット接続専用のタブレットなどで利用するのがおすすめです。

海外でネットを使う4つの方法には、それぞれの強みと注意点があります。ただ、どの方法にするか迷ったときは、少し荷物が増えること以外に大きなデメリットの存在しないWiFiルーターのレンタルを選びましょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加