TOP > 旅のお役立ち情報 > 【楽しみ方は様々】海外旅行の一番の楽しみは何ですか?

【楽しみ方は様々】海外旅行の一番の楽しみは何ですか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行は多くの人たちにとって極上のエンターテインメントとして楽しみな行事のひとつとなっていることと思います。ただ、ある程度費用をかけて海外旅行に行くならば、絶対に楽しみたいポイントは外したくありませんよね。海外旅行に行くときもっとも重点を置く楽しいポイントは何なのでしょうか?

今回は海外旅行の一番の楽しみについてのアンケートをご紹介します。これから海外旅行を計画している方や、何を見ようか考えている人はぜひご参考にしてください。

【質問】海外旅行の一番の楽しみは何ですか?

【質問】海外旅行の一番の楽しみは何ですか?

【回答数】

1位: 遺跡や建造物をみること 41%
2位: 景色をみること 29%
3位: 食事をすること 18%
4位: 現地の人と話すこと 9%
5位: その他 3%

1位: 遺跡や建造物をみること 41%

自然もそうですが、建造物なども日本のものとは違った雰囲気やスケールを感じることができるのは、海外旅行ならではだと思います。(鳥取県/42歳 女性)
自分が住んでいるところとはまったく異なる時代背景を持った外国ならではの建物は、季節に関係なく訪ねることが出来ると思います。(沖縄県/32歳 女性)
その場所の建造物や遺跡で歴史を学んだりしてみたい。(福岡県/50歳 男性)

第1位の「遺跡や建造物をみること」には41%の人たちが投票しました。ポイントは「日本にはない」ということ。独自の文化や時代背景の見える遺跡や建造物は、その国や土地の歴史を知ることのきっかけにもなるため、より深く海外旅行の体験を記憶に残すことができるようです。また、スケールの違いに言及する点もあり、日本にはない大規模な建造物なども魅力のひとつとして印象に残るのかもしれません。

また、遺跡や建造物をみることのなかに美術館や博物館などの施設について触れたコメントも一部あり、その国がどのようなものを学びの一貫として見せたいかということに興味を持っているひともいました。いずれも共通点は「学びにつながる」ことや「新しい知識を得る」ことが旅行の醍醐味と考えている人の意見ということでした。

2位: 景色をみること 29%

日常とは異なる景色を見ることで外国に来たと実感でき、リラックスした気分になります。(千葉県/52歳 女性)
綺麗な景色を見ながらのんびり過ごすのが最高の贅沢です。(大阪府/44歳 女性)
日本にはない景色をみて写真におさめるのが楽しみ。(新潟県/25歳 女性)

第2位の「景色を見ること」には29%の人たちが投票しました。投票結果では、景色を見ることを海外旅行の楽しみとしている人はほとんどが女性ということがわかりました。海外の景色に対してリラックスを求めているのがポイントです。

また、写真を撮影する楽しみがある方も景色を楽しみにしています。海外旅行に対してラグジュアリーな気分を楽しみながらゆっくり過ごしたいという需要は、女性特有の価値観なのかもしれません。

3位: 食事をすること 18%

日本では食べられないような現地の料理が楽しめるから。(愛知県/30歳 男性)
その土地の食事を楽しむほうが楽しくて思い出になる(大阪府/27歳 女性)
現地でしか食べられない独特のものは楽しみだし、美味しくはなくても似非日本食を見るのも面白い(神奈川県/39歳 男性)

第3位の「食事をすること」には18%の人たちが投票しました。現地の料理を食べたいという需要が大きく、食事の時間に独自の味に触れ合うことが「楽しい」と感じている人が多いようです。また、思い出に残るものとして景色や建造物よりも食事だと感じる人も。五感で感動する体験は記憶にも鮮烈に残るのでしょう。なかには、国外の日本食に面白さを見出す方もいました。

食事はどのような海外旅行のプランを立てても必ず入ってくるポイントなので、「どうせ食べるなら独自のものを」という考え方の人も目立ちます。いつもならあまり食事にこだわらない人も、海外旅行に行くと自分で食事を決める楽しさに目覚めるようですね。

「現地独特」の体験に感動

このように、海外旅行にまつわる楽しさは多岐にわたりますが、そのなかでも特に「現地独特」の体験が感動につながるような楽しさに人気が集まりました。

興味深い点は1位と2位の「建造物・遺跡」と「景色」に対する需要です。同じ景観を楽しむスポットでも、「建造物・遺跡」に魅力を感じる人はその土地の歴史や文化に興味を抱いており、「景色」に惹かれる人はのんびりとした時間そのものを求めているというところでした。海外旅行には日常生活から離れることによる休息という目的と、新しいものに出会って活性化したいという目的、双方が実現できる要素が含まれているのですね。

3位の「食事をとること」に関しては、味覚という刺激的な体験によって独自の文化を感じたいという人が多く、感動というよりはエンターテインメントとしての楽しさ・面白さを求めている人が目立ちました。

日常生活では国内の文化に触れる建造物など、海外旅行と比較するものはあまりみずから取り入れませんが、食事に関してはどんな生活の人も普段摂取しています。誰もが海外旅行で日本と文化を比較して楽しめるのが、食事なのかもしれません。

いずれも、国内と国外を比較することによる感動や楽しさを見出しているものが、海外旅行の楽しさとして受け入れられていることがわかりました。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加