TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外旅行時のスマホは機内モードが安全!予期せぬ通信代をカットする設定

海外旅行時のスマホは機内モードが安全!予期せぬ通信代をカットする設定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンは海外旅行でも、最高のパートナーになります。しかし、多くの方が帰国後の高額請求「パケ死」を恐れ、利用を制限されているのではないでしょうか?せっかくの海外旅行ですので、現地でインターネットを活用してグルメ情報や観光スポットなどを調べたり、写真を撮ったりして思う存分活用したいところです。そこで、高額請求を避けるためのスマートフォンの設定方法や、WiFiで役立つテクニックを紹介しましょう。

海外旅行帰り、想定外の「パケ死」

スマホには、データローミング機能というものがあります。これは、設定を手動でオン・オフにできる機能ですが、この設定をオンにしたまま海外に行ってしまうと帰国後に携帯代が恐ろしいことになってしまいます。

「パケ死」はスマホの機能を知らなかったばかりに起きた悲劇ですが、すべて自己責任となり携帯会社に泣きついても帰国後の高額な請求はどうにもなりません。海外でのパケット料金はとても割高になり、普段と同じ感覚で使ってしまうと料金はあっという間に膨れ上がるのです。中には、数十万円、数百万円もの請求がきたという人もいます。このように、データ通信料が膨れ上がって支払いが困難になることを「パケ死」と言います。

機内モードなら安心

スマートフォンの通信を利用するワイヤレス機能をオフにし、航空安全基準に従って使用できる状態にする機能のことを「機内モード」と言います。機内モードがオンの時は、画面上のステータスバー、または文字盤に飛行機のマークが表示されます。機内モード使用中は、以下のワイヤレス機能が無効になりますので、気を付けましょう。

・モバイルデータ通信
・WiFi
・Bluetooth

海外での高額請求を回避するための方法として、電話を使わない、データ通信を使わない、WiFiでのみデータ通信を行う、という方法があります。

いざという時はWiFiを使おう

いざという時には、携帯のパケット通信を使わずに、WiFiを使ってインターネットをするという方法もあります。この場合も、スマホのデータローミングは必ずオフにしておきましょう。

日本の国際線空港などでは、海外WiFiレンタルサービスを提供している会社も多くあります。海外で自分のスマホを使っても、日本の携帯会社の通信料よりも安く、現地のフリーWiFiよりも安全に使えますし、データ通信料は1日ごとの価格設定になっている点も安心です。国内の主要3大空港のカウンターで、受取と返却ができる手軽さも魅力です。

せっかくの楽しい海外旅行が、帰国後に「パケ死」という悪夢に変わらないためにも、スマホの機能を十分に理解し、WiFiレンタルサービスなども活用しながら楽しい旅にしましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加