TOP > 旅のお役立ち情報 > 本当に海外の方が安い?日本での値段を調べながら買い物しよう!

本当に海外の方が安い?日本での値段を調べながら買い物しよう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行くと、物珍しさや開放的な気分が手伝ってついついお財布の紐も緩んでしまうというものです。
現地ならではのローカルなものはもちろん、日本で売られているものであっても海外で見ると不思議と新鮮で魅力的に映るものですね。
でも、後で考えると「意外と高い買い物をしてしまった」「これって無駄遣いだったかも」と後悔することもあるかもしれません。

今回はそんな後悔をしないために、海外旅行のショッピングを賢く行うための方法やお役立ちアイテムについてまとめています。

海外旅行でたくさん買い物をしてしまうのはどうして?

日本でも売られていて簡単に手に入るものを海外旅行先で購入してしまう一つの理由は、海外のほうが安く手に入るからではないでしょうか。

日本と比べて物価が安い国であれば、同じ品物であっても格段に安い値段で売られていることがよくあります。
半額以下、あるいは桁がひとつ違う値段でゲットできるということだって珍しくありませんね。
また、為替のレートが円高の時期であれば、ますますお得に海外でのショッピングを楽しめます。

そうすると気持ちが大きくなってたくさん買い物をしたくなってしまいがちです。
また、現地の通貨の価格を日本円に直して考えるのは意外と難しいもの。きっと安いに違いないという思い込みでたくさん買っている人も少なくありません。

海外の方が安いとは限らない?

海外では物価が安く日本よりショッピングがお得にできるというイメージを持つ人は多いですが、意外とそれがひとつの落とし穴でもあります。
たとえ物価が日本より安い国であっても、当然全ての商品が日本より安いとは限りません。
物によっては日本で買ったほうが安かったというケースも多々あります。
特に、旅行先の現地で生産されているものではなく、海外から輸入しているものの場合、高くつくという傾向があります。

また、海外といってもヨーロッパやアメリカなど欧米は物価が比較的高く、日本と変わらないか、日本より高い場合も少なくありません。
そうした国では物によって日本より安いものもあれば、ずっと高く売られているものもあります。
日本で買うほうが高品質で安いものを手に入れられるという理由でショッピングのために海外から日本を訪れる人も少なくないのです。

同じ値段ならどこで買うのが良い?

海外で見つけた魅力的なものが、実は日本でも買うことができ、しかも値段もほとんど変わらないということに気づいたらどうすればよいでしょうか。
現地ですぐ必要なものなら当然その場で購入するべきですが、そうでないなら日本に帰ってから手に入れることを考えてみましょう

その理由は、現地で購入したものをわざわざ持って帰るのは大変だからです。
大きな荷物になって移動のときに後悔するかもしれません。また、荷物が多くなりすぎると空港で追加料金を取られる可能性もあります。
そうなれば同じ値段の商品でも結局高くついてしまうことになります。

また、同じものなら日本で買うほうがアフターサービスを受けられやすいというメリットもあります。
国内であれば何かのトラブルの際にも、電話応対も日本語でできますし、補償サービスも信頼できます。
そうした点も考えると、やはり同じ値段のものをわざわざ海外で買う必要はないと感じるのではないでしょうか。

海外のショッピングに欠かせないものは?

海外でショッピングをするときには魅力的に思えるものを「安そうだから」という理由で手当たり次第買うのではなく、現地と日本どちらで買うほうが安いかきちんと調べたいと感じたのではないでしょうか。

海外のショッピングの際に日本でも売られている商品なのか、また日本での価格はどのくらいなのかを調べるには、ネット環境が必要です
でも、海外でデータ通信をするのは少し不安に感じる人もいるでしょう。そうした人は、海外レンタルWiFiのサービスを利用するのはいかがでしょうか。

JAL ABCのサービスなら羽田や成田、関西国際空港でWiFi貸し出しサービスを利用できます。安全で安価なので海外でも安心してネットを使うことができますね。
ぜひ、海外でのショッピングを快適に賢く行うために利用してみましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加