海外WiFiレンタルのJALABC > 旅のお役立ち情報 > 携帯端末 > 【体験談】ベトナムでPOCKETALK®(ポケトーク)をレンタルしてみた!

【体験談】ベトナムでPOCKETALK®(ポケトーク)をレンタルしてみた!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題の翻訳機POCKETALK®(ポケトーク)。今回、わたしTはベトナムへの女子二人旅に、JAL ABCのレンタルサービスでPOCKETALK®を使ってみることにしました。

POCKETALK®(ポケトーク)のレンタル料金は1日あたり税込み800円!

出発当日、羽田空港国際線ターミナル3FのJALABCカウンターで機材を受け取ります。レンタルした機種はPOCKETALK(ポケトーク) Wシリーズ。わたしは事前に予約していきましたが、在庫があれば当日でもレンタル可能だそうです。

JALABCのレンタルPOCKETALK®(ポケトーク)はSIM内蔵型なので、現地の通信が利用可能エリアであれば、別途モバイルWiFiとセットでなくとも単体で利用できます。ベトナムはPOCKETALK®(ポケトーク)利用可能エリアでしたので、現地に着いたら電源を入れるだけですぐに利用できました。

POCKETALK®(ポケトーク)のレンタル料金は1日あたり800円(税込)で、今回は出発日から帰国時返却するまでの4日間で合計3,200円(税込)。その他の手数料などはかかりません。

POCKETALK

なお、わたしたちはスマートフォンやタブレットも利用するため、一緒にJAL ABCの海外用WiFiレンタルサービスも利用しました。こちらはデータ通信量がなんと無制限!JAL ABCのベトナム用WiFiレンタルについてはこちらから。

POCKETALK®(ポケトーク)活用シーン1:早速トラブル!ホテルの部屋の金庫が使えない・・!

ホテルに到着して、荷物を片付けて出かけようとしたところ、早速トラブル発生!

部屋にある金庫が、暗証番号の設定画面でエラーが出てしまい使えないのです。

フロントの方に伝えようとしたのですが、英語で金庫ってなんていうの!?壊れてるって!?と二人とも言葉が出てこずジェスチャーでも全く伝わりません。

そこで、POCKETALK®(ポケトーク)で伝えたいことを日本語で話し、ベトナム語に訳された画面をフロントの方に見せてみると・・・一発で理解してもらえました!

POCKETALK


すぐに別の金庫と変えてもらい、無事、金庫を利用することができました。

POCKETALK®(ポケトーク)活用シーン2:レストランで注文しすぎて食べきれない!「お持ち帰り用に包んでもらえますか?」と伝えてみた

さて、そこから市街地で観光したり買い物をしたりして楽しんだあと、夕飯に美味しそうなベトナム料理屋さんに入店。
しかし、ここでもトラブルが…。運ばれてきた料理が予想以上に多く、半分以上を残してお腹がいっぱいになってしまいました。

せっかくの美味しい料理をこんなにたくさん残してしまうなんてもったいないし申し訳ないと思い、お持ち帰りができるかどうか聞いてみることに。

さっそくまた日本語でその旨をPOCKETALK®にむかって話し、ベトナム語に訳されたPOCKETALK®(ポケトーク)の画面を店員さんに見せると、「OKOK!」と快く引き受けてくださいました。

POCKETALK
POCKETALK


とても丁寧に包んでくださり、お箸もちゃんとつけてくれて、ホテルでハノイビールと一緒に夜食として楽しみました。

POCKETALK®(ポケトーク)活用シーン3:ホテルのフロントでタクシーの予約をお願いしてみた

帰国便が早朝だったので、早めにタクシーを予約してもらおうとフロントにお願いしました。
最初は英語の単語を言っただけで、タクシーの予約をしてほしいという意図は伝わったようですが、「明後日の早朝にお願いしたい」という細かい点がうまく伝わりません。

そこでPOCKETALK®(ポケトーク)を使って日時を伝えたところ、「ああ!そういうことね!」といったリアクションで、無事タクシーの予約をお願いすることができました。これで一安心!

POCKETALK

POCKETALK®(ポケトーク)活用シーン4:ベトナムの女の子たちとおしゃべり!

アオザイ(ベトナムの伝統衣装)をレンタルし、着用して街中を観光!お土産屋さんに入っていろいろ見ていると、店員の女の子たちがわたしたちのアオザイを指さしてベトナム語で話しかけてきました。
POCKETALK®(ポケトーク)に向かって話してもらい、訳された日本語を見てみると・・・

「とても素敵な柄のアオザイですね。おいくらですか?」

レンタル品なので値段はわかりませんと、またPOCKETALK®で伝えます。 そこからPOCKETALK®(ポケトーク)で会話してコミュニケーションをはかることができました。

「おいくつですか?」
「いくつに見えますか?」
「18歳くらいに見えます」
「正解です!」
「わたしたちはいくつに見えますか?」
「25歳くらいですか?」

…ベトナムの女の子たちに気を遣わせてしまいました。

POCKETALK

魔物ラテン人!?

POCKETALK

POCKETALK®(ポケトーク)は非常に高性能なのですが、やはり周囲がガヤガヤしているとその音声も拾ってしまうのか、たまにおかしな訳をされます。
が、そのおかしな訳され方にも女の子たちは「違う違う!」と大爆笑しており、こちらもつられて、しばらく笑いが止まりませんでした。

女の子たちはPOCKETALK®(ポケトーク)に興味津々で、いろいろ話してくれました。相手が何といっているかがわかり、こちらの話も相手にわかってもらえるということが、非常に嬉しく感動すら覚えるひとときでした。

POCKETALK®(ポケトーク)はベトナムで非常に役に立つ便利アイテムだった!

今回、POCKETALK®を使ってみての感想としては、非常に便利で、あって良かったというのが正直なところです。
ベトナムは英語の発音が独特で聞き取りにくく、またこちらの拙い英語ではなかなか理解してもらえないことが多かったため、様々なシーンでPOCKETALK®(ポケトーク)が非常に活躍しました。

使い方としては、こちらの伝えたいことをPOCKETALK®(ポケトーク)に訳してもらい画面を見せて伝えるというパターンが8割ほどでしょうか。内容を正確に伝えることができ、きちんとその通りに対応してもらえたので、大きな問題もなく無事快適な旅を楽しむことができました。

相手からの言葉を聞くときは、まだポケトークの準備ができていない状態の時に相手が話し始めてしまったために途中からおかしな日本語に訳されてしまったり、周囲の喧騒に邪魔され、これまたうまく訳されなかったりといったことがあり、なかなか使いどころが難しいなと感じました。相手との会話をポンポン楽しむには、慣れとその場の環境やタイミングが必要かもしれません。

皆さんも旅行に出かける機会があればぜひPOCKETALK®(ポケトーク)レンタルサービスを利用してみてください。きっと今までとはまた違った素敵な体験ができることと思います。
JAL ABCのPOCKETALK®(ポケトーク)レンタルについてはこちらから。

■POCKETALK®(ポケトーク)については、こちらの記事もご覧ください。

・今話題の音声翻訳機「POCKETALK®(ポケトーク)」とは?海外で・日本で便利に使う

・【体験談】POCKETALK®(翻訳機)をレンタルしてイタリアに行ってみた!

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加