TOP > 旅のお役立ち情報 > どれがベスト!? 海外でのデータ通信手段を比較

どれがベスト!? 海外でのデータ通信手段を比較

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、スマートフォンやタブレットなどの端末をインターネットに接続するために、通信キャリアの電波を利用するのが一般的です。しかし、海外では日本の通信キャリアの電波は使えないため、ほかの通信手段を確保する必要があります。

たとえば、海外では一般的となっているフリーWiFiを活用したり、レンタルしたルーターを持ち運ぶモバイルWiFiを利用したりする方法がありますが、一体どれがベストなのでしょうか? この記事では、海外でデータ通信する方法と種類、選ぶ際のポイントを紹介します。

海外でデータ通信するにはどんな方法がある?

海外でインターネットに接続するためにもっとも簡単なのは、契約している通信キャリアが提携する、現地の通信キャリアの電話を利用する方法。「データローミング」と呼ばれています。

利用するために特別な契約が必要なく、端末の設定でデータローミングがオンになっていて、渡航先が対象エリア内であれば、日本でデータ通信をしているのと同様に使うことができます。ただし、非常にコストがかかることがデメリットで、仕組みを知らずにデータローミングを利用した結果、キャリアから高額な請求をされたというトラブルもありますので、注意が必要です。

こうしたトラブルを避けるため、容量の上限を決めた海外用の定額プランを用意しているキャリアもありますが、渡航前に専用の契約をする必要があります。通信キャリアに頼らない方法としては、レンタルWiFiがあります。ルーターと呼ばれる機器をレンタルするだけでデータ通信が可能で、1台で複数の端末を接続することができるというメリットがあります。このサービスを提供する企業は複数ありますが、料金は期間ごとの定額プランとなっていることが一般的です。

現地のSIMカードを調達するという方法もあります。料金は渡航先によってさまざまですが、事前の準備が不要で料金も比較的リーズナブルです。お金のかからない方法として、海外では一般的となっている現地のフリーWiFiを利用することもできます。名前の通り、無料で利用できますが、通信速度が遅いものが多く、セキュリティ面での不安も残ります。

通信手段の選び方① 訪れる国から選ぶ

海外で利用する通信手段を検討するうえで考えなければならないのが、訪れる国の状況です。というのも、世界中どこでもつながる回線というのは存在しません。選ぼうとしている通信手段が渡航先に対応しているかどうかを確認する必要があります。

データローミングやレンタルWiFiなどのサービスは非常に多くの国が対象エリアとなっています。そのため、一般的な渡航先であれば、まず問題なく利用することができます。しかし、一部、日本からの渡航客が少ない国では対象エリア外となっていることがあります。

そうした場合は、現地でSIMを入手するか、あるいはフリーWiFiを選ぶことになります。一方で、これらの方法はセキュリティ面に不安が残りますので、端末側で十分な対策をしておくことが必要です。

通信手段の選び方② 滞在期間から選ぶ

渡航先がデータローミングやレンタルWiFiの対象エリアとなっている場合は、滞在期間が通信手段を選ぶ目安となります。

たとえば、1泊程度の短期滞在で、インターネット利用の頻度が高くないのであれば、設定の面倒がないフリーWiFiとデータローミングが便利です。基本的には、カフェやホテルなど、セキュリティ面で信頼できるフリーWiFiを利用しましょう。データローミングの利用は、思わぬ高額請求に繋がることもありますので、一泊だとしても注意が必要になります。

3、4泊以上滞在するのであれば、通信範囲の限られるフリーWiFiを頼りにするのは不便ですし、データローミングを利用しすぎれば高額請求につながります。

そこで、レンタルWiFiか現地SIMを利用するのがおすすめです。レンタルWiFiは定額制のものがほとんどのため、料金を気にせず利用できますし、また、通信速度が安定しているので使い勝手が良く、SIMと違って複数の機器をつなげることもできます。

高速通信を求めず、渡航先でのコミュニケーションも不安がないのであれば、現地SIMが有効です。

通信手段の選び方③ 料金や設定の気軽さから選ぶ

とにかく安く済ませたいという場合はフリーWiFiをメインに使うことになりますが、不正アクセスの危険性があるため、セキュリティ面に不安のある方は避けた方が無難です。

現地SIMには定額なプランも多いのですが、内容をよく確かめずに契約すると結果的に高額となってしまうケースもあります。また、使い勝手から見ると、データローミングには設定がほぼいらないので楽ですが、やはり高額な料金から一般におすすめできるものではありません。

そこで、スマートフォン1台のみの利用であれば通信キャリアの定額プランがおすすめです。事前にお申込みが必要となりますが、定額制のため大量にデータ通信をしてしまい、
思わぬ高額請求となる心配はありませんので安心です。
一方、「タブレットもPCも持っていきたい」という場合は、ルーター1台で複数の機器を接続できるレンタルWiFiが便利。家族や友人と団体旅行に行くケースでは、複数人でシェアできて結果的にお得なこともあります。

ご紹介してきた①~③の内容をふまえて、ベストな通信手段を選びましょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加