TOP > 旅のお役立ち情報 > ワーキングホリデーで海外に行く前に準備したいこと

ワーキングホリデーで海外に行く前に準備したいこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休暇目的の海外渡航でも、滞在中の就労が認められる制度が「ワーキングホリデー」制度です。日本では1980年にオーストラリアとの間で始まり、現在ではカナダやドイツ、フランスなど、計20か国との間で導入されています。

ワーキングホリデーのビザの有効期限は発行後1年間。かなり長期で海外滞在できるとあって人気の制度ですが、事前に段取りをしっかりしておかないと、渡航に間に合わないなどのトラブルも起こりえます。

そこでこの記事では、ワーキングホリデーに行くことを決めた際、事前にやるべきことを時系列で紹介していきます。

渡航半年前に行うこと

「ワーキングホリデーに行こう!」そう考えたら、当然ですが、まずは「どの国に行きたいのか」を決めましょう。ワーキングホリデーで行ける国は、平成30年現在で20もあります。それぞれ文化も風土も違いますので、情報収集したうえで決めるのがベターです。

イギリスやカナダなど、人気のある国は希望者全員が行けるわけではなく、抽選が行われて当選した人しか行くことはできません。たとえば、イギリス行きの抽選は倍率が10倍以上にもなるといわれています。

募集状況はそれぞれの国の大使館のオフィシャルサイトで発表されますが、日本ワーキングホリデー協会などのホームページにも詳細が掲載されるので、欠かさずチェックしておきましょう。

抽選をパスできたら、その国のワーキングホリデービザを申請します。ここまででも相当な時間を費やしますので、動き出しは早ければ早いほど良いと言えます。

また、現地での生活費も考えておきましょう。働くことができるといっても、言葉が話せない場合、最初のうちから生活をやりくりできるほど稼ぐのは大変ですし、病気やケガなど万が一のアクシデントによる急な出費の可能性もあります。

人にもよりますが、目安として100万円ほど用意しておくと渡航先で安心です。足りない方は早いうちからお金を貯めておくようにしましょう。

渡航3ヵ月前に行うこと

住む場所の決定

この時期になると、すでに渡航先は決まっているはずです。国を決めたら次にすべきことは、住む場所の決定です。

ワーキングホリデーでは滞在先の条件などは特にありませんが、ホームステイ、シェアハウス、ユースホステルなどが一般的となっています。それぞれにメリット・デメリットがあり、人によって相性もありますので、自分の性格と合わせて滞在先を決めていきましょう。

渡航日が決まっていれば、飛行機のチケットも確保できます。この時期であれば、早期予約で割安になる、いわゆる「早割チケット」も購入可能ですが、こういったチケットは予約の変更ができませんので注意してください。

また、現地での病気やケガに備えて、保険への加入も検討しておきましょう。ワーキングホリデーも「海外旅行保険」の対象となりますので、各保険会社の商品を比較して、自分に合ったものを選んでください。

保険に関連して、健康診断などを受けて、体に異常がないかを確認しておくと安心です。虫歯など、すぐ対処できるものが見つかった場合には、渡航前までに治療を済ませておきましょう。

渡航1ヵ月前に行うこと

1か月前になったら、一度荷物をまとめてみましょう。「早すぎる」と思われるかもしれませんが、直前になってから荷物をまとめはじめると、足りないものがあった時に買いに行く時間が取れないことがあります。1ヵ月前なら余裕をもって準備できます。

また、現地で使うお金の準備もしておきましょう。現金として持っていきたい場合は、両替をしておくことになりますが、おすすめなのは全額両替するのではなく、少額を両替してあとは銀行口座に入れておき、現地ではクレジットカードを利用する方法です。

というのも、両替は日本でするにしろ、海外でするにしろ、割高な手数料を取られます。わざわざ両替をせずとも、クレジットカードがあれば渡航先のATMで現地通貨を引き出すことができます。

さらに、クレジットカードには、盗難されてもすぐ利用停止できる、付帯サービスとして海外旅行保険が付いているなどのメリットもあります。海外旅行の必携品といっても過言ではないものなので、持っていない場合は1枚作っておきたいところです。

渡航直前に行うこと

ここまで準備ができていれば、直前になってすべきことは、そう多くはありません。ただし、役所関係の手続きは出発2週間前にならないとできませんので、忘れずに行うようにしましょう。

具体的には、「海外転出届」というものを提出することになります。これを届け出ることで、住民税や国民年金、国民健康保険の支払い義務がなくなります。このほか、自宅の水道、ガス、電気のストップ、携帯電話の解約など、身の回りの手続きは渡航日前日には終わらせておくようにしましょう。

荷物を再確認したら、あとは体調を整えるだけ。万全の準備ができていれば、きっと素晴らしいワーキングホリデーになるはずです。

Winterキャンペーンバナー

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加