TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外ではフリーWiFiスポットが普及している理由とは?

海外ではフリーWiFiスポットが普及している理由とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外では日本よりもフリーWiFiの普及率が高い傾向にあります。ただし、そのセキュリティ面にはやや心配があり、日本にいるときの感覚で利用することは難しいといえるでしょう。海外におけるインターネット環境の状況についてお伝えします。

日本とは異なる通信機器事情

海外でも、日本と同じように外出先で公共のフリーWiFiスポットを利用できる環境が整っています。むしろ海外のフリーWiFiは、日本と比べてより普及している傾向にあります。その理由は、移民の方をはじめとして、携帯電話の契約をできない状況にある方が多いからだと考えられています。また、携帯電話を契約して持っている方でも、パケット代を節約するためにフリーWiFiスポットを活用しているようです。日本よりもお店や公共のフリーWiFiスポットが充実しており、これらを日常的に利用する方が多くいらっしゃいます。

プリペイドカードが人気

海外では、プリペイドカード式の通信機器を利用している人が、日本よりも多い傾向にあります。携帯電話を契約できない人が、プリペイドカード式を利用することがあるようです。ただし、プリペイドカード式の携帯電話では、パケット通信を利用することができません。そこで活躍してくれるのが、充実している公共のフリーWiFiスポットというわけです。

セキュリティ意識は低め

日本よりも公共のフリーWiFiスポットが充実している海外ですが、実はそのセキュリティ意識はやや低めです。気軽に利用できるフリーWiFiスポットの中には、セキュリティ面で心配があるものも含まれています。十分に注意して利用しましょう。また、通信速度が低速で使いにくいという問題もあるようです。

それに比べて、日本でフリーWiFiスポットを利用するためには、キャリアと契約をしている必要があります。メールアドレスなどによる認証が必要となることがほとんどのため、セキュリティ意識は高めです。利用のための手続きが煩わしいとはいえ、安心感があります。

日本よりもフリーWiFi環境が充実している海外ですが、日本と同じ感覚でフリーWiFiを利用すると、さまざまなリスクがつきまといます。海外でも日本と変わらずに安心して使えるネット環境を整えたいのであれば、レンタルWiFiなどのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

おわりに

プリペイドカード式の携帯電話が人気で、日本よりもフリーWiFiスポットが充実している海外。一見すると日本よりも便利な環境のように見えますが、実はセキュリティ面では注意しておくべき点が多くあります。現地でも快適にネットを楽しめる環境を整えるのであれば、現地のWiFi状況について事前に知っておくと良いでしょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加