TOP > 旅のお役立ち情報 > 日本の運転免許証は、海外旅行に行く時に携帯する必要があるの?

日本の運転免許証は、海外旅行に行く時に携帯する必要があるの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行中に車を運転する機会がないなら、日本の運転免許証を携帯する必要がないとお考えではないでしょうか?ところが、運転免許証は海外旅行中にパスポートを紛失するといったトラブルに巻き込まれたとき、渡航書を発行するために必要となります。運転免許証を海外旅行時にも持参しておきたい理由を確認しておきましょう。

免許証はパスポート紛失時に必要です!

日本の運転免許証は、万が一現地でパスポートを紛失してしまった場合、「渡航書」を発行するために必要になります。渡航書とは、何らかの理由でパスポートを持ち合わせていない状況において、緊急に帰国するために必要となる書類です。渡航書を発行するためには、証明写真(45mm×35mm)と、戸籍謄本および運転免許証などの身分証明書が必要となります。したがって、海外で運転をしない際にも運転免許証は持参したほうがよいでしょう。

ちなみに、運転免許証だけではパスポートを再発行することはできません。パスポートを再発行するためには、証明写真(45mm×35mm)と戸籍謄本が必要となります。しかし、パスポートを再発行しなくても、渡航書があれば帰国することはできるため、念のため運転免許証を用意しておくと安心できるというわけです。紛失したとき、パスポートを現地で再発行したいという方は、海外旅行前に戸籍謄本を取得し、パスポートと別に保管しておくと安心です。

身分証明書が無いと…

もしもパスポートを紛失し、さらに運転免許証や戸籍謄本などの身分証明書を持ち合わせていなかったとしたら、どうなってしまうのでしょうか。まず、パスポートか渡航書といった書類がなければ現地を出ることができなくなります。パスポートの再発行や渡航書の発行手続きをするためには、身分証明書が必須です。したがって、日本にいる代理人に戸籍謄本を取得してもらい、現地まで郵送して届けてもらう必要があります。

ここまでの手続きが、予定していた滞在期間中に済むとは限りません。身分証明書を携帯していなければ、予定通りの帰国ができなくなることも考えられるのです。海外旅行へ出かける際は、身分証明書を携帯するとともに、国内で手続きを手伝ってくれるような人の緊急連絡先を控えておくようにしましょう。

貴重品の持ち歩きで気をつけておくべきこと

身分証明書は海外旅行の際も持っておくべきものではありますが、携帯品として持ち歩く際には、気をつけておくべきことがあります。それは、すべての持ち物を一箇所にまとめないことと、携帯品を衣服や鞄のポケットなどに入れないことです。

たとえば、パスポート・運転免許証・クレジットカード・現金といった貴重品を、同じポーチに入れて持ち歩くと、万が一紛失した際に再発行の手続きがしにくくなる可能性が高まります。貴重品はなるべく別々に持ち歩くとともに、肌身離さず持ち歩くか、ホテルの部屋の金庫にしまって鍵をかけておくようにしましょう。

安心して海外旅行に行くために

日本の運転免許証だけでは、海外で車を運転することはできません。しかし、運転免許証はパスポートを紛失してしまった際に、渡航書を発行してもらうための手続きで必要となります。身分証明書が無いと、予定通りに帰国できなくなってしまうかもしれません。海外旅行をするなら、万が一のトラブルに備えて、身分証明書や緊急連絡用の手段を用意しておくと安心です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加