渡航先でもSNSを楽しみたい! 海外でのデータ通信

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンと合わせて、社会に浸透してきたといわれるSNS。今や国内の70%以上の人がSNSを利用しているといわれ、若年層では100%に近い利用率となっています。

SNSの魅力は、写真やアイデアをシェアする手段として利用可能なだけでなく、電話やメールに代わるコミュニケーションツールとしても使えること。そんな便利なSNSは、海外に渡航した際はなおさら利用したいものです。

この記事では、海外でSNSを利用する醍醐味と、利用するための方法についてご紹介します。

海外でもSNSを楽しみたい!

SNSは「Social Networking Service」の略称。改まった説明は不要かもしれませんが、登録したユーザーと文字や写真、動画などを共有することができるサービスです。

仲間と日常をシェアすることも楽しいのですが、海外のように非日常の写真や動画を投稿して、普段と違うところをみんなに見てもらえば、たくさんのコメントや「いいね」も期待できますし、写真や動画を撮影するモチベーションも上がります。

また、SNSは連絡手段としても使い勝手の良いものです。SNSアプリには通話機能が付いているものもあり、無料で利用できるので高額な国際電話を使わなくて済みます。

併せてチャット機能も利用すれば、海外にいても日本にいても、その距離を感じることはありません。

ただし、通話機能やチャット機能自体は無料でも、データ通信料は別にかかります。そもそも、まずインターネットに接続していなければ、SNSに投稿することも、通話機能を利用することもできません。

SNSを利用しなくても、ネット環境があると便利

たとえSNSを利用しない場合でも、渡航中にはインターネット環境があると便利なものです。

たとえば、普段何気なく利用しているスマートフォンの地図アプリは、海外ではさらに役立つ存在になります。紙の地図とは違い、道に迷ってしまっても自分の位置がわかるので、焦らず目的地までのルートをたどることができます。

また、訪問先の情報を検索して調べたり、現地で起こっている最新の情報を手元で確認したりと、スマートフォンからブラウザを開ければ、インターネット上にある膨大な情報にアクセスできます。翻訳アプリがあれば、見知らぬ人とのコミュニケーションも可能です。

ただ、これらはすべて、データ通信によってインターネットに接続できることが前提となっています。では、どのようにすれば海外でインターネットに接続できるようになるのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

海外でも、様々な方法を使ってネット接続できる

海外でインターネットに接続するのに、もっともお金がかからない方法としては、フリーWiFiがあります。公共機関や飲食店などにより運営されていて、無料で利用できることがメリットです。

日本では利用可能エリアは限定的ですが、海外ではより多くの場所に展開していて、短期間であれば不自由を感じないケースもあります。

ただし、多くの人が利用できることから、不正アクセスなどセキュリティに不安が残ります。特に個人情報を多く含んだSNSを使いたいのであれば、おすすめできるものではありません。

手続きのいらない接続方法としては、通信キャリアのデータローミングがあります。スマートフォンの設定を変えるだけと簡単ですが、利用料が高く上限設定もないため、高額請求の恐れがあり、こちらもSNS利用にはおすすめできません。

データローミングに代わる接続手段として、通信キャリアでは定額プランのサービスも提供しています。こちらは高額請求につながる恐れこそないものの、やはり料金が割高なケースが目立ちます。

国内企業に頼らずに、現地でSIMカードを契約する方法もあります。リーズナブルな価格設定であることが多く、使い勝手は良いのですが、十分な通信速度が出ないケースがあり、また現地での契約の手間があることがデメリットです。

こうした方法があるなか、総合的に見ておすすめできるのがレンタルWiFiです。

安定した通信を安価に楽しむならレンタルWiFiがおすすめ

レンタルWiFiとは、データ通信が可能なルーターという機器を借り受けることで、海外でもインターネット接続をすることができるようになるサービスです。

料金は定額制で、リーズナブル。提供している企業や、訪問先の国によっても異なりますが、たとえば日本航空グループ企業JALABCが運営するWiFiレンタルサービスであれば、単国タイプの海外用WiFiなら、インターネットからのご予約でデータ通信量無制限で1,000円/日でご利用いただけます。

レンタルWiFiのメリットは料金だけではなく、通信が安定していることや、複数台の機器を接続できること、など使い勝手が良いことも魅力です。

たとえば、スマートフォンで撮影した写真や動画を、タブレットで簡単に編集してからSNSに投稿するという場合も、ルーターは1台あれば問題ありません。

海外でも日本にいるように気軽にSNSを楽しむなら、ぜひレンタルWiFi利用を検討してみてはいかがでしょうか。これなら、データ通信量を気にせず、SNSの投稿もインターネットも楽しめますね。

JALABCならレンタルWiFiの当日予約も可能です!

WiFiをレンタルするのを忘れてしまった!という方も安心!
空港到着・受取り前に当日インターネット予約ができます。

※当日レンタルの場合はカウンター在庫限りとなります

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加