TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外のフリーWiFiの使用には要注意! セキュリティソフトで対策しよう

海外のフリーWiFiの使用には要注意! セキュリティソフトで対策しよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に出かけると、日本国内と比較してフリーWiFiの使える場所が多いことに気づきます。街中でも無料でインターネットのブラウジングが可能で、行きたいお店の情報を調べたり、オンラインマップを利用したりすることができて便利です。

しかし、フリーWiFiにはデメリットもあります。特に、大勢の人と回線を共有するだけに、セキュリティ面には十分注意しておきたいところ。そこでこの記事では、フリーWiFiの仕組みや特徴、使用時の注意点について、詳しく解説します。

海外で便利なフリーWiFiの仕組み

外出先でスマートフォンやタブレットからWebサイトを閲覧するためには、無線通信でインターネットに接続する必要があります。接続方法は、携帯電話の電波を利用する方法と、WiFiを経由する方法の、大きく2つに分けられます。

WiFiを経由する場合、無料で利用できるフリーWiFiを利用する方も多いでしょう。フリーWiFiは一般的に自治体や飲食店、ホテルなどによって提供されていて、無料で利用することができます。ホテルなどが提供しているものは利用時にパスワードを要求されるWiFiが多いですが、自治体や飲食店が提供するものはパスワード不要で気軽に利用できるのが一般的です。

基本的な使い方は、たとえばスマートフォンの場合、設定画面から接続したいWiFiを指定するだけです。パスワードが必要な場合は、指定後に入力します。ものによっては、ブラウザ上で規約への同意が必要なケースもあります。いずれにせよ、大きな手間なくインターネットに接続することができます。

日本でフリーWiFiを利用できる場所はまだ限定的ですが、海外では公共機関や交通期間など、多くの場所で接続することが可能で、渡航の際には非常に使い勝手の良いサービスとなっています。

フリーWiFiの特徴と海外での使用時の注意点

フリーWiFiは、無料で簡単にインターネット接続できることがメリットですが、デメリットもあります。

まず、回線ごとの接続可能範囲が限られていて、携帯電話のように広範囲に渡って電波を飛ばせるわけではありません。海外でフリーWiFiが一般的といっても、訪れるすべての場所に設置されているわけではないので、それだけを頼りに渡航してしまうと、いざという時にインターネットにまったく接続できなくなる可能性があります。

また、携帯電話の電波と比較して、回線速度は遅い傾向にあります。これはもともとの通信速度もありますが、多くは1つの電波を大勢で共有するため混雑してしまうからです。そして、最大のデメリットは、不正アクセスの危険性があることです。複数の人数が1回線を共有するフリーWiFiには暗号化の技術が組み込まれていないものも多く、実際に、悪意のある人によって端末の情報が抜き取られてしまうトラブルが発生しています。

さらに海外のフリーWiFiの中には、他人の端末に不正アクセスし、情報を抜き出すことを目的として設置されたものもあるため、利用には十分な注意が必要です。

フリーWiFi利用時にはVPNでセキュリティ対策

情報の安全面で不安があるとはいえ、無料で利用できることはフリーWiFiの魅力。そんななかで、フリーWiFiを利用するのに欠かせないのがセキュリティ対策です。

どうしてもフリーWiFiを利用するのであれば、接続するスマートフォンやタブレットにセキュリティソフトを入れるようにしましょう。といっても、必要なのは一般的にPCで利用されているようなウィルス対策ソフトではありません。

ここで必要なのは「VPN(Virtual Private Network)」と呼ばれるソフトです。このソフトを入れることで端末の情報が暗号化されますので、不正アクセスの際にも通信内容が抜き取られてしまうのを避けることができます。

海外でのネット接続にはレンタルWiFiがおすすめ

そんなVPNソフトですが、信頼できるブランドのソフトは無料ではなく、期間ごとの定額課金制となっているのが一般的です。

さらに、インターネットの世界において、不正アクセスをする技術とそれを守る技術は日進月歩のため、「このソフトを入れたから絶対に大丈夫」というわけにはいきません。そのため、フリーWiFiを利用するのであれば、端末に不正アクセスされる可能性を完全に排除することはできません。海外では、積極的な利用は避けるべきでしょう。

そこで、海外でインターネットに接続するためにおすすめしたいのが、レンタルWiFiです。レンタルWiFiとは、ルーターと呼ばれる機器を持ち運ぶことで、通信可能範囲であればどこでもインターネットに接続することができるサービスです。

速度の不安定なフリーWiFiと違い安定的で速く、ひとつのルーターで複数の端末を接続することも可能です。また、料金についても、たとえばJALABCの「レンタルモバイル」なら1日1,000円から利用することができます。もちろん、セキュリティ面でもフリーWiFiのような不安はありません。

海外渡航にあたって、フリーWiFiの利用を考えている方や、そのためにVPNソフトの導入を検討している方は、一度モバイルWiFiの情報もチェックしてみましょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加