TOP > 旅のお役立ち情報 > 渡航先での強い味方! 海外に行く際は「在外公館」を事前にチェック

渡航先での強い味方! 海外に行く際は「在外公館」を事前にチェック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段と違う環境に出かける海外旅行や留学は、非常に楽しくためになるものですが、トラブルが起きた際などの対処については、日本と同じようにはいかない場合もあることを頭に入れておく必要があります。

しかし、必要以上に不安になる必要はありません。日本と国交のある国なら「在外公館」があり、日本人をサポートしてくれるからです。

この記事では、在外公館で受けられるサポートの内容について、詳しく紹介していきます。

在外公館は「物品を盗難・紛失した際のサポートをしてくれる」

「在外公館」という言葉になじみがない方でも、「大使館」や「総領事館」という名称は聞いたことがあるのではないでしょうか。これらを総称して「在外公館」と呼びます。

在外公館は外国と外交を行ううえでの拠点となっていて、基本的に各国の首都に置かれ、その国の政府との交渉や連絡などを行っています。そのほかに、日本人の生命・財産を保護する「邦人援護活動」も行っています。

たとえば、お金や所持品を盗まれてしまったときは現地の警察を頼ることになりますが、そもそも「どこに警察があるのか」、「どのような書類を提出するのか」がわからなければ、頼ることすらできません。そんな時にサポートしてくれるのが在外公館です。

あくまでも警察に届けるのは盗難に遭った方で、在外公館が代行してくれるわけではありませんが、どうすれば被害届を提出できるのかを教えてくれます。お金を盗まれた場合には、日本の家族や友人から送金やクレジット会社からの緊急融資をサポートしてくれます。

また、在外公館ではパスポートを紛失した人向けに、代わりの「帰国のための渡航書」を発行してくれます。帰国するのにほかの手段はありませんので、パスポートの紛失に気づいたらすぐに現地の在外公館に連絡を取りましょう。

現地情報取得には、外務省のメールサービス「たびレジ」が便利

このように海外渡航中にさまざまなサポートをしてくれる在外公館ですが、観光案内所のように「気軽に問い合わせられる」ところではありません。在外公館は現地で日々、さまざまな業務をこなしているので、問い合わせなどを行うのはあくまで緊急の時のみにしてください。「本当に困ったときの駆け込み寺」と考えておきましょう。

そして、万が一アクシデントがあった際にはすぐに連絡できるよう、日本にいるうちに現地の在外公館の場所や連絡先を控えておくことが重要です。これに関連して、外務省では「たびレジ」という便利なサービスを提供していますので、こちらも登録しておくと安心です。

たびレジとは短期渡航者を対象としたメールサービスで、これに登録すると、出発前から旅先の安全情報をメールで受け取ることができます。さらに旅行中にも、たとえば「●●地区で外出禁止令が発出」といったメールが配信されるので、いち早く情報を得ることができます。

また「登録完了お知らせメール」には、現地の在外公館の緊急連絡先やホームページへのリンクも記載されているのでメモしておく手間も省けます。

在留届の必要のない、3ヵ月未満の渡航者向けのサービスですが、簡単に登録可能で、しかも無料で利用できますので、渡航が決まった際には登録しておくことをおすすめします(海外からでも登録は可能です)。

安全な旅のために

在外公館は、渡航中のまさかの事態が起こる不安を考えると非常に心強い機関ではありますが、自分の身は自分で守る意識を持つことも大切です。渡航前に家族や友人などに日程や滞在先を伝えておくという基本的なことも連絡ができない事態に陥った時に役立つでしょう。また、念のためにパスポートのコピーを日本に残る家族に預けておくことも、所在・安否の確認に活用することができます。

旅慣れた方ほど、こういったことを忘れてしまいがちになるかもしれませんが、日本と同じ感覚・スピードで対処することは非常に困難と思っておいたほうが良いでしょう。

快適な旅を過ごすために、事前にできる安全対策から準備をしてみてはいかがしょうか?

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加