TOP > 旅のお役立ち情報 > 妊娠しても旅行にいきたい!マタニティ旅行って行っても大丈夫?

妊娠しても旅行にいきたい!マタニティ旅行って行っても大丈夫?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠しているときでも、旅行は楽しみたいものです。しかし、マタニティ旅行には何かと不安もつきものでしょう。そこで今回は、妊娠していても旅行を存分に楽しむためのポイントを紹介します。

マタニティ旅行はいつまで大丈夫?

妊娠中は、つわりなどの体調や赤ちゃんの安全が心配な初期、比較的安定している中期、破水の可能性が大きくなる後期に分けられます。この中で、やはり注意したいのは初期と後期となり、この時期は旅行を避けるのが無難です。

そのため、母子の安全確保や不測の事態を避けるためにも、旅行に行くなら安定期に入った中期にしておきましょう。ただし、その際には主治医に相談をし、許可をもらってからにしてください

持っていくと良いおすすめなもの

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいますし、自分の体調も普段とは違うものです。そのため、何が起こっても対応できるように万全の準備を整えておくのがいいでしょう。

ここでは、マタニティ旅行に持っていくのにおすすめなものをピックアップします。

健康保険証や母子手帳

これらは、旅行先で異変が起こったときに現地の病院で対処してもらえるように、必ず持っておくべきものです。

医師の診断書、同意書

飛行機に乗るときには、妊娠周期によって医師の診断書や同意書が必要になります。また、国内線と国際線でもその規定には違いがありますから、よく確認しておきましょう。

バスタオルなど

旅行先で破水などが起こったとき、バスタオルがあれば即座に対応することができます。また、体が冷えないようにブランケット代わりにするのもおすすめです。

マタニティ用パジャマや靴下

これも体を冷やさないように、また宿泊先で楽にくつろげるように持っておいた方がいいでしょう。むくみ防止用の靴下も携帯しておけばさらに安心です。

ナプキンやおりものシート

旅行先で破水や出血が起こったとき、バスタオルと一緒に持っておくべきものの1つです。もしものときのために備えておきましょう。

つわり対策の飴やガム

妊娠初期に旅行に行く場合は、つわり対策のためにいつも食べている飴やガムを持っていると安心です。

海外に行くときの注意点

妊娠しているときの海外旅行は、飛行機に乗る時間も長いですし、現地の医療設備が整っていない可能性もありますから、以下のようなことに気をつけましょう。

飛行機での移動は10時間を超えないようにする
医療設備が充実している、また治安のいい国を選ぶ
日本語対応がある国に行き、ホテルなどでは妊娠中であることを告げる
寒暖差の激しい地域は避ける
旅行の日程やプランには十分な余裕を持つ
バスなどでの長距離移動は避ける
妊婦でも加入できる海外旅行保険に入っておく
もし出発前に異変を感じたら、思い切ってキャンセルする

マタニティ旅行に出掛ける際には十分な準備をし、安全を第一に考えることが大切です。それを踏まえて旅行にいけば気分転換もできて、楽しい思い出にもなるでしょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加