TOP > 旅のお役立ち情報 > 長期旅行では必須!海外で洗濯をするためのテクニック

長期旅行では必須!海外で洗濯をするためのテクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期間の旅行準備をしているときに「洗濯はできるのかな…」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか?数日の旅行であれば洗濯できなくても問題ありませんが、それによって持っていく洋服の数も変わりますので、長期旅行となれば洗濯ができたほうが何かと便利な気がしますよね。

ここでは、海外で洗濯をするためのテクニックについてお話します。

ホテル近くのランドリーを利用する

ホテルによってはランドリーサービスが付いているところもあるでしょう。費用が気にならないのであれば、ホテルのランドリーサービスを活用できます。

しかし、ホテルのサービスは何かと価格が高めです。費用を抑えたいのであれば、ホテルの近くのランドリーを活用する方がいいでしょう。

ランドリーの利用を考えているなら、ホテル選びのときに、ランドリーが近くにあるかどうかもチェックしておくといいですね。

セルフで洗濯する場合

セルフで洗濯する場合

出費をできるだけ抑えたいのであれば、セルフで洗濯することです。ホテルの洗面所のシンクを石けんで洗い、そこに水を溜めて洗剤を溶かし、洗濯物を浸し、揉み洗いします。ひとつずつ水ですすいだら、軽く絞って乾いたタオルに挟み込み、水分を吸い取りましょう。その後、シャワールームやクローゼットなどにかけて乾かします。

アメリカなど湿度の低い地域では、部屋干ししても1日で乾くことがほとんどです。しかし、湿度の高い地域に旅行に行くときには洗濯物が乾きにくいので、持っていく洋服の素材を工夫するとよいでしょう。綿やウールなどは乾きにくく、ポリエステルなど合成繊維のものは、乾きやすいのでおすすめです。

衣類用洗剤は、液体ならペットボトル、粉末ならビニール袋などに入れて持っていきましょう。洗剤は現地で購入しよう、と思っても、外国では、業務用サイズかと思うほど大きな容器でしか売っていないことが多く、使いきれない可能性があるので注意しましょう。

生乾きのニオイは熱湯で殺菌!

旅行先でセルフ洗濯し、部屋干しすると、生乾きのニオイがしてしまうことがあります。これは雑菌が原因。雑菌は熱湯で殺菌することができるので、洗濯物が臭ってしまったら熱湯をかけて乾かすようにしましょう。

ホテルの部屋にはたいてい電気ポットが置いてあるので、それでお湯を沸かし、シンクに置いた洗濯物にかければOKです。手で触れるくらいに冷めたら、いつも通り洗濯をして絞り、干しましょう。ただし、ポリエステルなどの人工繊維の洋服は、熱湯をかけると縮んでしまうので要注意です。また、生乾きのニオイを防止したければ、殺菌剤入りの衣料用洗剤を使うとよいでしょう。

長期旅行の際には、上記でご紹介したテクニックを活用し、上手に洗濯して身軽で快適な旅行を送りましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加