TOP > 旅のお役立ち情報 > WiFiルーターの電池って何時間持続できるの?長持ちさせる方法とは

WiFiルーターの電池って何時間持続できるの?長持ちさせる方法とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行でレンタルWiFiサービスを利用した際に気になるのが、電池の持続時間です。
WiFiルーターの電池はどれくらい持つのか解説します。

WiFiルーターのバッテリーの持ち時間

電源に接続していない状態で用いることも多いレンタルWiFiですが、この電池の持ち時間については、10時間以上の長時間持続を売りにしているものも数多く存在します。

しかし、こうした電子機器というのは周辺環境によって電池の消耗度合いが異なります。
例えばスマートフォンといった携帯端末などを使用していて、電波の悪い地域にいると、電池の減りが激しいという経験をしたことがある方も多いでしょう。
WiFiルーターも同様です。
そのため、「10時間以上、電池が持続する」と長持ちを謳っていても、状況によっては、5時間しか持たない、ということだってあるでしょう。

仮にメーカーが「1日中、ずっと電池が持つ」と謳っているルーターであっても、実際はそこまで持たないかもしれないという可能性を考えて、なるべく電池が消耗しないように節約しながらルーターを使う工夫が大切になってきます。

小まめに電源を切る

小まめに電源を切る

観光地で写真を撮ったり、ガイドの話を聞いたりしている間などは、特にインターネットに接続している必要はないでしょう。
このようにルーターを使う必要がない間は、小まめに電源を切るようにすれば電池の消耗を抑えることができます。

とはいえ、日本にいる家族や友人にメッセージアプリやSNS等で、自分が撮った写真をすぐにアップロードしたいということもあるでしょう。
そういう場合は、30分に1度とか1時間に1度とか、適当にタイミングを決めて、ルーターの電源をつけ、その時にまとめて用事を済ませてしまい、用事が済んだらまた電源を消して観光を続けるようにすれば効率的です。

ルーターの電源を切るのではなくて、スマートフォンやパソコン側でWiFi接続を切る、という方法でも、ルーターの電池の消耗を抑えることができます。
わざわざルーターの電源を切るよりも手軽に節電できる方法といえるでしょう。
とはいえ、一番節電できるのは、やはりルーター側の電源を切ることであるのは、いうまでもありません。

モバイルバッテリーを持ち歩く

小まめに電源を消して、消耗する電気を節約するという方法に加え、電池が切れたらいつでも取り替えられるよう予備のモバイルバッテリーを持ち歩くというのもおすすめです。
予備があるということは、電池にそれだけ余裕があるということですから、それほど神経質にルーターの電源を消して節約する必要もないかもしれません。

こうしたモバイルバッテリーは、接続用のケーブルさえ用意していれば、スマートフォンやパソコンといった機器の充電にも使えます
インターネットショップや家電量販店などで気軽に購入できるため、気になる方は検討してみるとよいでしょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加