TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外の「無料WiFiスポット」を利用すると起こりうるリスクとは?

海外の「無料WiFiスポット」を利用すると起こりうるリスクとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、海外では日本にくらべ、無料で使えるWiFiスポットが充実しています。
そのため、海外旅行や出張の際に「WiFiルーターをレンタルしなくても、フリーWiFiを使えばいいか」と考える人も多いようです。

しかし、誰でも無料で使えるからこそ、フリーWiFiにはリスクも潜んでいます。

この記事では、無料WiFiスポットのリスクと、安全に使うための注意点をご紹介します。

 

フリーWiFiにはハッキングの危険性がある

Wi-Fi

フリーWiFiには実はさまざまなリスクがあります。

たとえば、WiFiアクセスポイントと利用者端末の間で暗号化が行われていない場合、通信内容を盗み取られる危険があるのです
もし暗号化したとしても、フリーWiFiは接続用IDと暗号キーを基本的に公開しているので盗み取られる危険性があります。

さらに注意したいのは、悪意のアクセスポイントもあるという点です
犯罪者が偽ログイン画面を作成してIDやパスワードを収集しているケースもあるのです。
ショッピングサイトのIDとパスワードを抜かれて商品を不正購入され、見に覚えのない高額な請求をされるといった被害が実際に起きています。

「なりすまし」で犯罪に巻き込まれることも!

フリーWi-Fi

軽い気持ちでアクセスしたフリーWiFiから犯罪に巻き込まれてしまうというケースもゼロではありません。

利用者の個人情報、機器情報を盗み、あたかもその人がアクセスしているかのように偽装して、インターネット上での犯罪を行う集団もいます
こういった被害に遭遇した時に、無罪を主張するのはなかなか難しいのでくれぐれも注意するようにしなくてはいけません。

違法ダウンロード、掲示板への犯罪予告などフリーWiFiが犯罪のために利用されたケースは枚挙に暇がありません。

フリーWiFiを安全に利用するために

では、無料WiFiスポットを安全に利用するには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、接続しているアクセスポイントを確認して、セキュリティ保護されていなければ利用しないことです。スマートフォンでWiFiをONにすると、現在利用できるWiFiネットワーク一覧が表示されるので、そこからチェックします。

ネットワーク名の横に鍵マークがついているものは暗号化されたWiFiネットワークということです。やむをえずセキュリティ保護されていないWiFiを使う場合は、口座番号やパスワード、カード情報などの個人情報はやりとりしないようにしましょう。

そして、VPN接続を利用してネットに接続することです。VPNとはVirtual Private Networkの略で、インターネット上に仮想の専用線を作るということです。

VPNのアプリがあるので、それをダウンロードして利用します。ただし、信頼性の高いVPNアプリは有料のものが多いので、よく検討したうえで利用するようにしてみてください。

セキュリティを重視するならレンタルWiFiがおすすめ

ご紹介したような注意点を「面倒だな。結局、セキュリティ対策にお金がかかるなら、無料WiFiスポットの意味がない」と思う方もいらっしゃると思います。

ここでおすすめしたいのがレンタルWiFiです。ルーターの受け取りも返却も空港または宅配で行うことができるので大変便利です。
急な旅行や出張などで旅行準備にかける時間があまりない人にもレンタルWiFiはおすすめです。

転ばぬ先の杖として、ぜひ準備しておきたいレンタルWiFi。多少お金はかかってしまうとしても、安全を買うと思えば安いものです。
無料WiFiを利用したがために膨大な損害を被ったり、複雑な犯罪に巻き込まれたりといったことのないようにしましょう。

なお、現在海外用レンタルWiFiをご検討中の方は、JALABCにてインターネット申し込み限定で、通信料一律1,000円/日で通信量無制限で利用できます。是非こちらをご覧ください。 JALABCのWiFi・携帯レンタルサービスについては 【はじめてのJALABCレンタル】 よりご確認いただけます。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加