TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外から電話をしたい時は、データ通信で繋がれるサービスを使いましょう

海外から電話をしたい時は、データ通信で繋がれるサービスを使いましょう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行のトラブルの一つに、海外で携帯電話を使った場合の高額請求があります。日本での音声通話は電話を受けた側には料金が発生しませんが、日本で使用している携帯電話をそのまま海外で利用し、着信があった場合は通話料が発生します。

さらに怖いのが、着信料よりも高い通話料です。海外から日本に電話をかけた場合日本の何十倍もの通話料がかかるのです。

国際電話は割高

日本の主要携帯電話会社を例に見てみましょう。日本国内の通話の場合、30秒で7.87円、10.5円、14.7円、18.9円とプランによって差はありますが、これくらいの金額でおさまります。しかし、アメリカから日本に同じ携帯電話を使ってかけた場合、1分間の通話に140円がかかります。これからも見てとれるように、国際通話は割高なことがわかります。

また、海外で相手が同じ国内にいる場合でも、日本の回線を使用するので通話料金が高額になることを覚えておきましょう。

Skype、Line、FaceTimeなどはデータ通信扱い

高額な国際電話料金を回避するための方法としておすすめなのが、Skype、Line、FaceTimeなどのデータ通信を利用した電話を使うことです。Skypeの場合を例に見てみましょう。

固定電話で20分通話をした場合は約420円かかるところが、Skype電話を利用した場合には1分2.66円となり(中国への場合)、20分接続しても60円程度と、先ほどと比べ約86%も電話料金を節約することができるのです。携帯電話から国内の固定電話にかける場合は1分42円ですが、Skypeを利用すれば1分3.22円と約93%も削減することができます。SkypeはWiFiもしくは3G回線で利用できますので、国際電話をかける時にはこれらのデータ通信を利用してお得に節約しましょう。

海の向こうからでも金額に怯えず通話可能!

データ通信でつながれるサービスを活用した場合、昼でも、夜でも1日中携帯電話や固定電話に低料金で友人や家族に国際電話をかけることができます。相手が地球の裏側にいても、もう高額な通話料に怯えずに会話を楽しむことができますね。また、頻繁に利用する人は月額プラン等を利用するともっとお得な料金設定になっています。

海外から電話をしたい時は、携帯電話で日本の回線を使用せず、データ通信で繋がれるサービスを使うようにしましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加