TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外用WiFi?それとも海外用携帯?こんなときはどちらを借りたらいい?

海外用WiFi?それとも海外用携帯?こんなときはどちらを借りたらいい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行く際は、困ったことがあったときや観光に役立つ情報を集めたいとき、家族の様子が確認したいときなどに備え、いつでも連絡が取れる環境があると安心ですよね。

近年では海外用WiFiルーターのレンタルについて、テレビCMなどで見かけることも多くなりました。ただ、旅の目的や使い方によって海外用WiFiよりも海外用携帯の方が良いこともあります。ここでは、どんな使い方をする人にどちらがおすすめなのかを考えていきましょう。

海外用WiFiルーターのレンタルとは

海外用WiFiルーターのレンタルとは、渡航先でインターネットに接続できるポケットWiFiのルーターを一定期間借りられるサービスです。インターネットに接続されたルーターを使用することで、日本国内で使用しているスマートフォンなどをそのまま海外に持ち出して利用できます。また、複数台のタブレットやスマートフォンといった端末を同時にインターネットに接続できて便利です。

メリットとデメリットは?

海外用WiFiルーターのレンタルは、比較的簡単な設定でインターネットに接続できます。予約から受け取り、返却まで日本国内で完結するため、慣れない国で言葉に苦労しながら手続きする必要がありません。充電して電源を入れるだけで、複数の端末が使用できるという点も便利ですね。機械が苦手な人でも、それほど苦労する心配はないでしょう。

ただし、スマートフォンに近いサイズの端末なので、持ち歩きが面倒に感じる人もいるかもしれません。家庭用の据え置き型に比べて電波の届く範囲が狭いため、その点にも注意が必要です。1日や3日などの日数に対してデータ通信量の上限が定められているプランも多く、その上限を超えると極端に通信速度が落ちてしまいます。

ルーターを使用する際のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

1.使い慣れた端末をそのまま海外で利用できる

2.1台のルーターで、複数の端末を接続できる

3.接続作業は比較的簡単

デメリット

1.端末を常に携帯しなければならない

2.電波の届く範囲のみ使用できる

3.データ使用量の制限があるものが多い

海外用WiFiルーターのレンタルはこんな人におすすめ!

海外用WiFiルーターのレンタルは、次のような人におすすめです。スケジュールに余裕がない場合も、日本国内で手続きを完結できるレンタルサービスなら心配ありません。

 ■ パソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機など複数の端末をインターネットに接続したい
 ■ 友達数人と一緒に回線をシェアしたい
 ■ 通話ではなく検索などデータ利用が多い
 ■ 通話するとしても、現地同士でのやりとりは少ない


なお、JALABCの海外用WiFiルーターのレンタルサービスなら、データ通信量に制限なく使用することができます。

海外用携帯とは

海外用携帯とは、現地の提携通信会社の回線を利用できる携帯電話のことです。

現地から日本に電話をかける場合、また、現地同士でも日本の携帯電話同士で電話をかける場合は、どの国にいても日本を経由してから現地のネットワークにつなげる「国際ローミング」を利用するため、通話料金が高くなります。レンタル携帯電話を利用すれば、現地同士の通話では提携通信会社の回線を利用するので、ローミング料金は不要になり、通話料を安く抑えられるのです。

メリットとデメリットは?

海外用携帯電話は、現地でのやりとりで通話料を抑えられますが、日本との通話や、現地でも日本の携帯電話と通話する場合は、国際ローミングが発生します。デメリットというわけではありませんが、注意しておいてください。

また、海外用携帯電話レンタルでは、機種によってはデータ通信ができないものがあるので、現地で検索などを行いたい人は、借りる際にチェックしましょう。


メリット

1.通話料を安く抑えることができる(現地同士の通話の場合)
2.現地の回線を利用するので、電波が安定している
3.盗難など、いざというときのための補償制度が付いていることが多い

デメリット

1.普段使い慣れた端末ではないので操作に慣れるまでに時間が必要

2.データ通信に対応していない機種が多い

海外用携帯電話のメリット・デメリットについて、詳しくはこちらの記事もご覧ください。


こんな人には海外用携帯がおすすめ!

日本の携帯電話を海外に持ち出して使用する場合、現地で携帯電話同士で通話するのにも国際ローミング費用が発生するので、現地での通話が多い人には海外用携帯がおすすめです。

 ■ 現地の携帯電話同士で電話をかけ合う機会が多い人
 ■ 現地の固定電話とのやりとりが多い人
 ■ 着信回数が多いことが想定される人
 ■ 長期的に海外に滞在する予定の人

同じ国にいても日本の携帯電話を使用している相手に電話をかける場合、通話料金が高額になります。国によっては日本で使用したときに比べて何十倍もの請求になるケースもあるので、国外と通話する機会が多かったり、通話時間が長そうなことが想定される人は、海外用携帯レンタルを検討することをおすすめします。

サービスページの詳細を見る

Winterキャンペーンバナー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加