海外WiFiレンタルのJALABC > 旅のお役立ち情報 > WiFi > コレがあって良かった!レンタルWiFiが活躍した瞬間

コレがあって良かった!レンタルWiFiが活躍した瞬間

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前であれば、渡航先でインターネットに接続するには大きな手間や料金がかかりましたが、最近ではレンタルWiFiや現地SIMなど、気軽に利用できるサービスが増えてきました。

一方で、旅好きの中には「旅行では非日常感を味わいたいので、インターネットは不要」という方もいらっしゃいます。もちろん、そうした雰囲気作りも旅の楽しみのひとつですが、やはりネット環境があると安心できるのも事実でしょう。

そこで今回は、海外で「WiFiがあって良かった」と感じる瞬間をご紹介します。

海外でレンタルWiFiは必要?不要?

レンタルWiFiとは、海外でインターネットに接続できるルーターがレンタルできるサービスのことを指します。スマートフォンなどの携帯端末をルーターに接続するだけで安定したネット通信が可能で、タブレットやPCを複数台同時に接続することもできるなど、利便性には定評があります。

一方、海外に行く際「レンタルWiFiなど不要である」という方もいます。前述したように、「世界の多くの国にはフリーWiFiの環境が整っている」というのが、そうした発言の根拠となっています。でも、果たして本当にそうでしょうか?

確かに海外には日本に比べてフリーWiFiが接続できるエリアの多い国があるのは確かですが、すべての場所がカバーされているわけではありません。また、フリーWiFiには不正アクセスの危険性があるなど、セキュリティ面でも不安が残ります。

そうした点から、フリーWiFiはどちらかというと、海外に慣れた方が有効に活用できるサービスだといえます。

また、旅慣れた方であっても「レンタルWiFiがあって良かった」と感じるケースは多くあります。というのも、フリーWiFiはすべての場所に整備されているわけではなく、都市部では環境が整っていても、郊外に出ればほとんど設置されていないという国が少なくないのです。

たとえば、観光目的での渡航について考えると、都市部のみを回るのであればフリーWiFiに頼っても問題ないかもしれません。しかし、得てして観光名所は郊外にあるもの。遺跡や自然遺産など、フリーWiFiが設置されていない場所や、そもそも設置できない場所が多いものです。

レンタルWiFiがあって良かった!その①「現地のレストランや交通機関の最新情報を得られる」

渡航先にガイドブックや専門誌などを持っていく方も多いですが、その情報が最新だとは限りません。特に、電車やバスの時刻表やレストランの営業時間などは変動しやすいもの。そんな時、レンタルWiFiでインターネットに接続することができれば、常に最新の情報を得ることができ、臨機応変な対応が可能になります。

また、海外に旅行に行く場合、渡航前にいくら準備をしていたとしても、現地では計画通りに事が進まないケースもあります。体調不良など、トラブルに遭った際などは、やはり手元の端末からインターネットにつないで情報を調べられる安心感は大きいものです。

レンタルWiFiがあって良かった!その②「道に迷った時」

知らない土地に行く際は「スマートフォンのアプリを見るから、地図は不要」という方も多いのではないでしょうか?普段、地図アプリに慣れている方が海外でたまに紙の地図を使うと、自分のいる場所が特定できず、かえって道に迷ってしまうようなケースがあります。

やはり、使い慣れているアプリで目的地までの経路を調べられることは大きな安心感を生みます。携帯して持ち運べるレンタルWiFiであれば、地図アプリとの相性も良く、便利に使うことができます。

なお、レンタルWiFiのエリア外の場所に行く場合は、オフラインで利用できる地図アプリもありますので、こちらも覚えておくと便利です。

■地図アプリについては、こちらの記事をご覧ください。

・オフラインでも使える「海外旅行で便利なアプリ」3選

レンタルWiFiがあって良かった!その③「言葉が通じない」

最近では外国語に抵抗のない日本人も増え、特に英語であればビジネスで活用していて、渡航先でのコミュニケーションにも不安がないという方も多いでしょう。英語圏に渡航する場合は問題ないのですが、観光旅行では英語圏以外の国も人気です。そうした国に渡航した際に便利なのが、スマートフォンの翻訳アプリです。

日本語の入力に対して、指定した言語に翻訳して出力してくれる機能を持っていて、なかには翻訳したものを音声出力して相手に聞かせることができるものもあります。渡航先でのコミュニケーションに非常に便利ですが、インターネットに接続していないと機能をフル活用できないアプリがほとんどです。

そんな時にも、レンタルWiFiを持っていれば、電波の心配をすることなく会話を楽しむことができます。現地の人と触れ合う機会が増えれば、これまで以上に海外滞在が有意義なものになるでしょう。

また、JAL ABCでは、超小型のAI翻訳機「ポケトーク(POCKETALKR®)」をレンタルしています。SIMカード内蔵型なので、WiFiなしで単体で利用できるのでとっても便利です。合わせて検討してみてもよいでしょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加