海外WiFiレンタルのJALABC > 旅のお役立ち情報 > 荷物の多い女性の悩みを解消!上手なスーツケースのパッキング

荷物の多い女性の悩みを解消!上手なスーツケースのパッキング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に出かける際、化粧品など日用品の多い女性は、荷物が多くなりがち。うまくパッキングができないと旅行前からストレスがたまってしまいますし、荷物が多いまま出かけてしまうと現地でさらに荷物が増えて困ってしまうことも。

そこで今回は、渡航先でも困らない余裕のあるパッキングを実現する収納術をご紹介します。きちんと計画を立ててからパッキングを始めれば、誰でも収納上手・お出かけ上手になれますよ。

収納術を使いこなして、余裕のあるパッキングを

海外旅行や留学など、長期滞在の準備としてやってしまいがちなのが、荷物が多くなることを想定して、あらかじめ大きなスーツケースを用意してしまうこと。これでは、実際には必要のないサイズのスーツケースを持ち運ぶことになり、現地での移動に支障が出てしまうかもしれません。

まずは、旅行に向けて「何がどれくらい必要なのか」、リストアップすることから始めましょう。特に衣類はかさばりますので、日程に合わせた着回しを考えておくことが大切です。

リスト作りのコツは、「せっかくだから」「念のため」という心がけをなくすこと。準備しているときに「持っていけば使うかも」くらいにしか感じないものは、大抵現地では使わないものです。特にどこでも売っていそうなものについては、必要になったら現地調達をするくらいの気持ちでいましょう。

リストができたら、それに合わせたサイズのスーツケースを用意するのですが、荷物を詰めた状態で容量いっぱいになってしまうのであれば、少し余裕のあるサイズのケースをチョイスしましょう。現地で気に入って買ったものや、お土産を入れるスペースがないと、帰ってくるときに困ることになります。

衣類のたたみ方やドライヤーの入れ方にも工夫を

前述した通り、持っていくものに合わせたスーツケース選びがパッキングのポイントですが、旅程に合わせて何個もスーツケースを買うわけにはいきません。所有しているケースで対応しなければならない状況もあります。

そこで、効率的な収納術で荷物をコンパクトにして、ケース内のスペースに余裕を作りましょう。

パッキングの際に手強い相手となるのが、衣類です。衣類はすべて畳んでしまうとかさばってしまうので、ある程度畳んだところで、くるくると丸めていきましょう。Tシャツであれば、袖を折りたたんで長方形を作ったら、短い辺から丸めていきます。

この方法は、スーツケース内のスペースの無駄を潰しやすくなるだけでなく、衣類にシワが入りにくいというメリットもあります。ただ、それでも厚手のアウターなどはコンパクトになりにくいので、着用していくか、圧縮袋に頼ることになります。

>衣類収納ケース

ただし、圧縮袋はシワを作りやすいので、気になる場合はシワになりにくいようなものを持っていくようにしましょう。

衣類のほかにかさばりがちなものとして、海外のホテルのドライヤーは十分な風量がないものも多いことから、ドライヤーを持って行く方も多いでしょう。こちらは、いっぱいに詰まったスーツケースに無理やり入れると、破損などトラブルのもととなります。

そのため、衣類をまとめる際に、一緒に巻いてしまうのがおすすめです。

100円グッズがあれば、細かいものも簡単収納

衣類など大物が収納できたら、化粧品など小物類も上手にまとめていきたいところ。そんなとき、100円ショップは便利な収納グッズの宝箱です。

定番ですが、化粧落としやシャンプーなどは、滞在日数分をコンパクトなボトルに詰めておきましょう。化粧ポーチもコンパクトなものにして、持って行くものを整理。その際、チャック付きのポリ袋は細かいものを分別できて便利です。

また、海外では胃腸薬や抗炎症剤など、常用・常備している薬を持って行くと安心です。こちらも小分けにして、ピルケースに常備薬を入れておきましょう。これは、普段から使えるテクニックです。

>機内持ち込み用リッターバッグ

ここまでくると、最後の大物として忘れがちなのが靴。散策用にスニーカー、食事の際にはパンプスと、それぞれ持っておくとTPOに合わせた着回しができて便利です。

こちらは裏技的ですが、100円ショップのビニール製ヘアキャップは、ざっくりと靴を包むことができて、スーツケースの中を汚しません。

旅行の荷物は最小限に。でも必要なものは外さずに。

ここまで、荷物をコンパクトにまとめる方法を紹介してきました。前述したように、荷物は最小限にリストアップすることが大切ですが、それでも「絶対にあった方がいいもの」を紹介します。

まず、救急セット。ピンセットや絆創膏など、簡単なセットでいいので、カバンの中に入れておくと役立ちます。併せて、手足をサッと除菌できるよう、アルコール成分の入ったウェットティッシュも持っておきましょう。

また、長時間の移動では、ずっと靴を履いているとむくみも出てしまいますので、かさばらない携帯スリッパを持っておくと快適です。こちらはホテルでも利用できますし、邪魔になるようであれば捨てて帰ることもできます。最後になりましたが、スマートフォンでデータ通信を考えている場合は、充電器も忘れずに。

>おまとめグッズ

必要最低限の装備を見極めて、身軽に海外生活を楽しみましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

カバンを効率的に使いたい!準備の際の「荷物パッキング術」

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加