海外WiFiレンタルのJALABC > 旅のお役立ち情報 > 航空券の差はどこにある!? PEX航空券と格安航空券の違いとは

航空券の差はどこにある!? PEX航空券と格安航空券の違いとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行や留学を考えているのであれば「できるだけ安く渡航したい」という方は多いのではないでしょうか。検索エンジンでも「航空券」と入力すると、最安値を探すためのサイトが上位に並んでおり、注目度の高さが伺えます。

しかし、「安い航空券」といっても、その種類はひとつではないのをご存知でしょうか。航空券には、航空会社から定価料金で販売されるものの他に、「正規割引航空券(PEX航空券)」と「格安航空券」というものがあります。

この記事では、それぞれの特徴を紹介します。

正規割引航空券(PEX航空券)の特徴

ビジネス利用のユーザーを除いて、航空券を定価で購入している方は多くないでしょう。航空会社のWebサイトで行き帰りの日付を指定すると、定価だけでなく割引された航空券も表示されます。

これらの、航空会社から販売されている割引航空券を、「正規割引航空券」あるいは「PEX航空券」といいます。利用日までの期間が長いほど割引率が高くなる場合が多く、定価の半額以下で販売されているものもあります。通常の航空券と予約方法は変わらず、大人・子供を選択し、また購入後は座席を指定することもできます。

利用上の注意点ですが、定価で購入する場合に比べると、航空会社が採用しているマイレージの付帯率が下がってしまう場合があります。また、一度購入してしまうと便の変更はできず、どうしても変えたい場合は一旦キャンセルして買い直す必要があり、キャンセル料も発生します。

定価で購入している場合であれば、便の変更や無料でキャンセルに応じてもらうことが可能で、ビジネスで飛行機を利用するユーザーが定価の航空券を購入する理由はここにあります。

なお、PEX航空券は旅行代理店でも取れますが、手数料分割高になる場合があることを覚えておきましょう。

格安航空券の特徴

一方の格安航空券は、航空会社から直接個人に販売されるものではありません。旅行会社がツアー用などの航空券を航空会社からまとめ買いして、それを個人に向けて販売しているものを指します。

そのため、航空会社が販売するPEX航空券と比較して、割安で購入できることが多いのが、その名の通り「格安航空券」のメリットです。

ただし、マイルはまったく付かないか、付いたとしても通常の50%程度となるのが一般的です。座席指定についても購入者からは指定できず、同行者と離れた席になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、格安航空券は「FIX」と「OPEN」という2種類に細分化できます。FIXは帰国便が指定されている一方、OPENは有効期間内であれば帰国便を変更できる航空券です。有効期間は、購入する航空券によって様々で、10日間程度のものもあれば、1年間有効というものもあります。

当然、OPENの方が使い勝手が良い分、FIXよりも高額となります。また、これらの中間で、FIX/OPENという航空券もあります。こちらは、条件付きで復路便が変更できるものです。

条件は、「手数料がかかる」、「変更は1回に限る」などさまざまなので、利用する際は航空券の規定をよく確認するようにしましょう。

正規割引航空券(PEX航空券)と格安航空券の比較

価格だけを見て選ぶのであれば、PEX航空券よりも格安航空券が有利です。ただし、格安航空券はデメリットも少なくありません。

というのも、格安航空券は早いタイミングで取らないと売り切れてしまうか、価格が上がってしまうのです。そのため、かなり前から海外に渡航する計画が立てられている時以外は利用しづらいものです。

さらに、たとえ購入できたとしても、直前になって予定が変更となり、キャンセルをしなければならなくなった場合は、キャンセルができない(購入金額が戻ってこない)ケースも多いです。

一方、PEX航空券ではキャンセルしたい場合、取消手数料を支払えば、購入金額を払い戻してもらうことができます。そのほか、マイレージの加算率や座席指定の可否など、PEX航空券が有利な点は多いので、価格だけをみて焦って決めないことがポイントです。

また、格安航空券を購入する場合には、販売している旅行会社が信頼できるところかどうかも確認しておきましょう。最悪のケースでは、購入した航空券を受け取ることができないということも起こり得ます。

シーンに合わせた活用がポイント

格安航空券のデメリットに多く触れましたが、それでも上手に使ったときの費用面でのメリットは大きいものがあります。

スケジュールに余裕のある学生や主婦の方の旅行には格安航空券、全員のスケジュールを合わせなければならない家族旅行などはPEX航空券と、利用するシーンに合わせて使い分けると良いでしょう。

なお、いずれを選ぶ場合でも、燃油サーチャージや空港税、航空保険など、航空券以外の諸費用が必要となってきます。人数が増えるほど金額も増えてしまいますので、こちらも購入時に考慮しておきましょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加