TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外で車を運転するなら「国際免許証」を取得しておきましょう!

海外で車を運転するなら「国際免許証」を取得しておきましょう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日車を運転している人の中には、海外旅行に行った先で「車で移動できたら便利なのに…」と思ったことのある方も多いのではないでしょうか?レンタカーを借りて運転できれば、少し距離のある場所にも行きやすくなりますし、荷物を持たなくて良いのでラクですよね。

ただ、私たちが普段持ち歩いている運転免許証は日本国内でしか通用しません。それでは、海外で車を運転するときは具体的にどうすれば良いのでしょうか?

海外で車を運転する際は「国際免許証」を取得しよう

旅行や出張で訪れた海外の国で車を運転するためには、まず「国際免許証」を取得しましょう。日本も加盟している「ジュネーブ条約」に基づいて、各都道府県の公安委員会が発行する証明書です。訪れた国が条約の加盟国であれば、国内で発行された国際免許証の効力が認められます。

日本で発給される国際免許証は、道路交通法上「国外運転免許証」と呼ばれます。国際免許証の有効期限は1年なので、海外を訪れる機会が多い人は都度有効期限を確認してください。更新制度はなく、期限が切れると再申請を行うことになります。

海外滞在中に有効期限を迎える人は、日本の免許証をその国の免許証に切り替える手続きを行うか、その国の試験を受けて免許証を新たに取得しなければなりません。

また、1年以上海外に滞在する人で国内免許証の有効期限が1年を切っている場合、国際免許証の発行が受けられません。ただしこの場合、特例措置として免許更新手続き期間外に免許更新手続きを行うことができます。国内免許証の有効期限を確保した上で国際免許証の発行を受けましょう。

国際免許証を取得するために必要な準備

国際免許証を取得する際は、まず次のものを準備しましょう。国際免許証は運転する能力を海外で証明するものなので、当然日本の運転免許証がなければ取得できません。ちなみに、国際免許証のみでは運転できない国や地域もあるので海外では合わせて日本の運転免許証も持ち歩きましょう。

以前に国際免許証を取得したことのある人は、できるだけその国際免許証も持参してください。以前の国際免許証を返納しなければ、新たな交付が受けられないケースもあるので注意が必要です。すでに以前の国際免許証を破棄してしまっている場合、窓口で相談してみましょう。

  • 日本国内の運転免許証
  • 写真1枚(縦5cm×横4cm)
    ※無帽で正面を向き、上三分身、無背景。申請前6か月以内に撮影したものに限る
  • パスポートなど、渡航を証明するもの
  • 申請手数料

一度取得した国際免許証は、有効期限内であれば何度海外に行っても使用できます。申請手数料は都道府県ごとに異なるため、窓口で確認してください。概ね2,000円台と考えれば良いでしょう。支払い方法は現金のみで、印紙を購入して貼付するかたちになります。

パスポートなどで渡航を確認されるため、「海外に行く予定はないけどちょっと取得してみようかな」という人は取得できません。運転免許証を取得してから国際免許証を取得するまでの期間の規定はないため、運転免許試験に合格したばかりの人でも取得が可能です。

国際免許証を取得するための流れ

具体的に国際免許証を取得するためには、まず住民票のある都道府県の運転免許試験場や運転免許センター、指定警察署に行きます。

一時帰国の際に国際免許証を申請する場合も、住民票のある都道府県の運転免許試験場等で申請を行います。住民票が日本にない場合、滞在先の都道府県にある運転免許試験場で申請しましょう。この場合はホテルの予約票や帰省する実家の世帯主の住民票など、滞在先住所の証明書が必要になります。

滞在先の国によってルールがまったく異なるためか、運転講習などは特にありません。申請書類を出せば、試験場や免許センターなら数分程度で即時発行してくれます。指定警察署だと2週間程度かかることもあるので注意してください。

国際免許証が有効な国

国際免許証を取得すると、基本的にジュネーブ条約に加盟しているすべての国で車が運転できます。具体的には次の国々です。

アジア インド、大韓民国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、バングラデシュ、フィリピン、マレーシア、ラオス
中近東 アラブ首長国連邦、イスラエル、キプロス、シリア、トルコ、ヨルダン、レバノン
大洋州 オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア
アフリカ アルジェリア、ウガンダ、エジプト、ガーナ、コンゴ共和国、コートジボアール、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、シエラレオネ、ジンバブエ、セネガル、中央アフリカ、チュニジア、トーゴ、ナミビア、ニジェール、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モロッコ、ルワンダ、レソト
ヨーロッパ アイルランド、アイスランド、アルバニア、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、キルギス、グルジア、イギリス、サンマリノ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、モンテネグロ、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア
北、中、南アメリカ アメリカ、カナダ、キューバ、グアテマラ、ジャマイカ、ドミニカ、トリニダード・トバゴ、ハイチ、アルゼンチン、エクアドル、チリ、パラグアイ、バルバドス、ベネズエラ、ペルー
その他 香港特別行政区、マカオ特別行政区

またドイツとスイスはジュネーブ条約に加盟していないものの、国際免許証を持っていれば一定期間までなら運転が可能です。

ドイツの国際免許証有効期間:6ヵ月間
スイスの国際免許証有効期間:3ヵ月間

運転の前には交通ルールを把握して

現地で車が運転できれば海外でも比較的自由に移動できます。ツアーパックの行程に縛られず旅行を楽しみたい人には、国際免許証の取得をおすすめします。

ただし、国によって交通ルールが大きく違うので、運転する際は事前に現地の交通ルールを把握しておきましょう。海外旅行保険の内容も確認しておくと安心です。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加