TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外で体調不良になったら…医療費はどれくらいかかる?

海外で体調不良になったら…医療費はどれくらいかかる?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光やアクティビティを思いっきり遊んだり、のんびりと落ち着いた時間を過ごしたりして楽しみたい海外旅行ですが、人間ですから誰しも体調不良になってしまう可能性が0ではありません。そのリスクは、滞在期間が長いほど上がってしまいます。

海外でも医療体制の整った国では、治療に心配いりませんが、注意しておきたいのは医療費のこと。日本と海外では、医療制度がまったく異なるからです。

この記事では、海外の医療事情と体調不良への対策について紹介していきます。

海外の医療費は日本よりも高い!

海外の医療費は、日本よりも高額な傾向にあります。特に、アメリカは先進国のなかでも医療費が高額であるといわれます。理由については諸説ありますが、医療制度の違いが一因だといわれています。日本の医療制度は「社会保険」をベースとしていて、通院・入院の際は医療費の一部が公的負担となります。

一方、イギリスなどは医療制度が「国営」となっていて、基本的に無料で医療サービスを受けることができます。しかし、アメリカでは「民間保険システム」を採用していて、高齢者や生活保護受給者以外は、医療費は国民負担となります。そのため、アメリカ人の多くは、民間保険に加入しています。

こうした制度の違いは、日本と海外の医療費の差となって現れます。たとえば、盲腸の手術を挙げると、日本では40万円程度ですが、海外では少なくとも100万円、アメリカなど医療費が高額な国では、200万円以上になることもあります。

救急搬送も無料ではない!?

渡航先のホテルなどで体調を崩した場合、真っ先に思いつくのは救急車の利用でしょう。病院への搬送が必要と考えられる予断を許さない状態では、もちろん、真っ先に救急車を呼ぶべきですが、その費用のことも知っておきたいもの。

というのも、日本では救急搬送にかかる費用は無料ですが、海外では事情が違うからです。アメリカを例に挙げると、公営・民営いずれを利用したとしても、300~500ドル、距離によっては5,000ドルを超えるようなケースもあります。少なくとも、日本円にして数万円は覚悟しておく必要があるのです。

一方で、救急搬送に費用がかからない国もあります。たとえば、イタリアやスペイン、フランスなどです。国によって差があるので、渡航前には医療費と救急搬送費用についてチェックしておくと安心です。

健康保険では医療費は補償されない!?

海外で支払った医療費はすべて自腹で払わなければいけないのかというと、そんなことはありません。日本では社会保障制度の一環として、だれもが健康保険に加入することになっていますが、この健康保険には「海外医療費」という制度が含まれているのです。

この制度は、海外旅行中に医療機関で診療などを受けた際、帰国後に申請することで、支払った医療費の払い戻しを受けられるというものです。非常にありがたい制度なのですが、支払った医療費の全額が払い戻されるわけではない点にご注意ください。

支給される金額は、日本国内の医療機関で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費が基準となっています。そのため、日本よりも医療費が高額な国で治療を受ければ、その分、自己負担額も高額となってしまうのです。

海外医療費の制度があるからとはいっても、海外に滞在しているときは、日本にいるとき以上に体調やケガに気をつけた方が良いことはいうまでもありません。

なお、海外医療費の適用を受けるためには、各種申請書のほかに現地の医療機関でもらえる領収書の原本が必要となりますので、なくさないように取っておきましょう。

海外旅行前に、保険の準備を



とはいえ、冒頭でも触れたように「いつ病気になるのか」を予測することは困難ですし、どれだけ気を付けたとしても避けられないケガもあります。そこで、転ばぬ先の杖として旅行前に準備しておきたいのが、海外旅行保険です。

海外旅行保険を検討する際の準備として、まずクレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯されているかどうかを確認しておきましょう。年会費無料のクレジットカードでも、この保険が付いているものがありますので、海外で医療費を支払った際の費用を賄える可能性があります。

ただし、クレジットカードに自動付帯する保険では50万円程度しか保証されないものが多く、高額医療を受けることを考えると不安が残ります。足りない部分は、民間の損保会社から出ている海外旅行専用の保険でカバーできます。

たとえば、AIG損保の観光旅行(個人)用プランで、「20代が3日間アジア旅行をする」という想定で保険に入ると、わずか3,740円の支払いで1事故・1疾病あたり無制限の補償を受けることができます。詳しくは「AIGの海外旅行保険」をご覧ください。

高額な医療費を気にすることなく安心して旅行を楽しむために、渡航前には保険加入についても検討してみると良いでしょう。

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加