TOP > 旅のお役立ち情報 > 今年の夏は避暑地へ行こう!海外旅行におすすめの国4選

今年の夏は避暑地へ行こう!海外旅行におすすめの国4選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の夏は、不快なだけでなく体力的にも耐えきれないような厳しい暑さが続くことが増えています。その影響もあって、日本国内でも軽井沢や富良野といったいわゆる「避暑地」の人気が高まっています。

夏は、海外旅行へ行くときも、暑さを逃れて涼しい場所に出かけたくなりますよね。そこで今回は、夏に人気の海外リゾート地をご紹介します。

まるで軽井沢!ベトナムの高原「ダラット」

Jeansさん(@ploenpan)がシェアした投稿 -

ベトナムの中南部に位置する高原地帯です。東南アジアには「暑い」というイメージがあるかもしれませんが、ここは年間平均気温が18℃から23℃で、軽井沢をほうふつとさせる過ごしやすい気候が特徴です。夜間やお天気の悪い日は寒く感じられるほど。長袖や少し厚手の服も必ず用意していきましょう。

フランス統治下で貴族や軍人によって開発されたという背景から、西洋風の建物が多く建っています。スアンフーン湖やダラット市ガーデン、ダラット大教会などを巡り、異国情緒を堪能しましょう。

お買いものを楽しみたいなら、ダラット市場へ。東南アジア特有の熱気あふれるマーケットです。お土産には、ワインや健康に良いとされるアーティチョークがおすすめ。少し高価なものとしては、手仕事が光る刺繍絵画などはお部屋の印象をランクアップしてくれます。

東南アジアなので、虫よけスプレーを忘れずに。坂が多いので、1日500円前後で借りられるレンタルバイクやレンタサイクルを使って移動すると良いでしょう。現地に英語を話せる人が少ないので、写真付きのガイドブックや翻訳アプリ、地図を用意していくと便利です。

台湾「渓頭」はマイナスイオンがたっぷり!

渓頭(シートウ)は標高が1,200mを超える高台にあり、年間を通して涼しい場所です。海洋性気候で年間降水量も多く、動植物の豊かな生態系が魅力。源流に位置することから、この地名がつきました。

日本統治時代には、東京帝国大学農学部の演習林がありました渓頭森林遊楽区など、自然と触れ合える場所で景色を楽しみましょう。グルメではタケノコをはじめとする山の幸が豊富で、竹筒に入ったご飯などの郷土料理が楽しめます。

鳥取県境港市を思い起させる「妖怪村」は、子どもが喜ぶかもしれません。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する「目玉のおやじ」そっくりのスイーツもいただけますよ!

美しい自然とアクティビティが豊富な「クイーンズタウン」

ニュージーランドの南部に位置するクイーンズタウンは、かつてゴールドラッシュに沸いた街。年間を通して気温が20℃を超えることはほとんどなく、現在では世界屈指のリゾート地として知られています。

街並みはコンパクトにまとまっており、郊外ではワインの原料となるブドウ栽培が盛ん。美しい景色が女王の気品を思わせることから、イギリス統治下時代にエリザベス女王にちなんで名づけられました。

ショッピングモールや歴史的建造物が比較的狭い場所に集まっているので、観光に便利です。郊外ではスキーやパラグライダー、釣り、ラフティングといったアクティビティもよりどりみどり。バンジージャンプに挑戦するのも良いですね。傾斜角度約38度の「スカイラインゴンドラ」から見下ろす街並みは絶景。ワカティプ湖の景色を楽しんだあと、「クイーンズタウンモール」でお土産を買うというコースが定番です。

フランス「ニース」は美しいビーチリゾートと芸術の街

フランス第2の観光都市ニース。保養地として知られるコート・ダジュールの中心地に位置し、「リヴィエラ(イタリアからフランスにまたがる景勝地)の女王」という異名を持ちます。

穏やかな地中海性気候で、湿度が低いので夏場も心地良く過ごせます。遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」から、美しいビーチの景色を楽しみましょう。冬の気温もそれほど下がらないため、避寒地としても人気です。

街はコンパクトなので、観光ならレンタサイクル(1日1ユーロ程度)もしくは徒歩で十分に楽しめます。約40万年前の遺跡「テラ・アマタ」や「ラザレ洞窟」などをはじめ、中世・近世の遺跡、文化遺産が多数現存。国立マルク・シャガール美術館やマチス美術館など、アートスポットもおすすめです。

旧市街を歩けば、グルメやショッピングに適した庶民的なスポットも盛りだくさん。オリーブオイルやアーモンドショコラ、砂糖漬けのフルーツといったアイテムがお土産として人気です。

涼しい海外で過ごしやすい夏を

避暑地として人気が高い、海外のおすすめリゾート地を4ヵ所ご紹介しました。ここ数年の夏の暑さは健康にも影響するほどなので、冷涼な気候の観光地は魅力的ですね。

古くからリゾート地として人気がある場所は涼しいだけでなく、歴史遺産やグルメ、アクティビティも充実しています。今年の夏は涼しさを求めて海外に飛び出し、過ごしやすい場所で思い切りレジャーを満喫してみてはいかがでしょうか?

WEB限定!海外用WiFiレンタル料金割引

サービスページの詳細を見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加