TOP > 旅のお役立ち情報 > 渡航危険レベルの確認をしていますか?現地情報を知って安全な旅行を

渡航危険レベルの確認をしていますか?現地情報を知って安全な旅行を

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始や卒業旅行シーズンに向けて、海外旅行の予定を立てている方も多いかもしれません。ただ世界各地でテロの脅威や治安悪化が懸念されています。

 

治安の良い日本とは異なり、海外では観光地だからといって気を抜くべきではありません。旅先を決めるときに有効活用したいのが、外務省が公表している国・地域別の海外安全情報です。今回は、渡航危険レベルの意味やチェック方法などをお伝えします。

 

 

渡航危険レベルは4段階

海外安全情報は、渡航・滞在にあたって特に注意が必要な場合に日本の外務省から発信される情報です。

 

最新の現地治安情勢と安全対策の目安を示す「危険情報」と、限定された期間、場所、事項について安全対策の観点から速報的に発信される「スポット情報」の2種類があります。危険情報は、以下の4レベルに分けられています。

 

レベル1:十分注意してください。

当該国(地域)への渡航、滞在に当たって特別な注意が必要であることを示し、危険を避けてもらうよう、おすすめするものです。

 

レベル2:不要不急の渡航は止めてください。

当該国(地域)への渡航に関し、渡航の是非を含めた検討を真剣に行って頂き、渡航される場合には、十分な安全措置を講じてもらうことをおすすめするものです。

 

レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)

当該国(地域)への渡航は、どのような目的であれ延期されるようおすすめるものです。また、現地に滞在している邦人の方々に対しては退避の可能性の検討や準備を促すものです。

 

レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

現地に滞在している全ての邦人の方々に対して、当該国(地域)から、安全な国(地域)への退避(日本への帰国も含む)を勧告するものです。

 

 

海外安全情報にはどうやってアクセスする?

外務省の海外安全ページにアクセスすると、危険情報のレベルごとに世界地図上に色分けがされているので、行き先のエリアをクリックすると、情報が閲覧できます。スマホサイトでは、地域カテゴリごとに情報が分けられています。

 

 

「たびレジ」に登録して情報収集を

外務省には、海外の安全情報を配信する「たびレジ」というサービスがあるのをご存じですか。これは、海外旅行や出張に行く際に、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、行き先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の情報提供、万が一のときの緊急連絡などが受け取れるというものです。

 

旅行する本人だけでなく、家族や職場のメールアドレスも登録できるので、帰国を待つ人にとっても安心といえます。

 

 

レベル3にはどんな地域がある?



渡航中止勧告に相当するレベル3にはどんな地域があるのでしょうか。例えば、東南アジアのマレーシアです。

 

首都のクアラルンプールやリゾートとして人気のペナン島やランカウイ島に行く場合には、特に危険情報は発せられていませんが、ボルネオ島東海岸の一部地域はレベル3に指定されています。これは外国人武装勢力によるリゾート施設襲撃事件など、観光客・地元民を対象とした身代金目的の誘拐が頻発しているためです。

 

同エリアには、ダイビングスポットで有名なシパダン島などが含まれますので、同エリアへの旅行の計画には注意が必要です。このほか、ヨーロッパとアジア文化が交差するエキゾチックさが魅力のトルコでも、隣国シリアの国境付近などは、ここ数年続く内戦やイスラム国(ISIS)によるテロの脅威を受けてレベル3に指定されています。

 

 

対象外のロンドンやパリでも無差別テロが

旅行先として人気のイギリス・ロンドンやフランス・パリは、特に危険エリアに指定されていませんが、観光客が集まるエリアでの無差別テロがたびたび発生しています。対象外のエリアだからと気を抜かず、安全な旅行を楽しみましょう。

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加