TOP > 旅のお役立ち情報 > 海外に長期滞在するときのネット環境はどのように整備すればいいの?

海外に長期滞在するときのネット環境はどのように整備すればいいの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に長期滞在するなら、インターネット環境は整えたいですよね。ネット環境を整える方法は複数あるので、もっとも自分のニーズに合ったものを選びましょう。行く前に知っておきたい、ネット環境の準備方法についてお話します。

現地で調達するパターン

海外に長期滞在するときのネット環境を、現地で調達するパターンです。こちらのパターンでは、現地の携帯電話会社と契約して、滞在先で利用できるネット環境を整える方法があります。契約のために手間がかかりますが、長期滞在をするのであれば多くのメリットがあります。セキュリティも確保され、通信速度も快適です。短期滞在であれば、宿泊しているホテルのWiFiや、公衆のWiFiを利用するという手もありますが、公共のWiFiは通信速度が低速で安全面でも心配があるので、長期滞在の場合には不向きでしょう。

国内端末の契約を変えるパターン

国内端末の契約内容を変更することで、国際ローミングができるようにするパターンです。こちらの方法では、今使用しているスマートフォンを、そのまま現地で使うことができます。国内の大手キャリアと契約していれば利用できるサービスですが、キャリアによってはそもそもサービス自体が存在しないこともあります。便利な上にセキュリティ面での安心感がある一方で、設定ミスにより高額請求につながるおそれがあります。契約変更の際には、十分な説明を受けるとともに、適切な設定を選ぶように注意しましょう。

レンタルWiFiを使用するパターン

日本で契約した海外旅行用のレンタルWiFiを、現地へ持ち込むパターンです。場合によっては国際ローミングよりもリーズナブルに、ネット環境を整えることができます。また、契約は日本で行うため、現地の携帯電話会社を利用するよりも、調達する難易度が低いことがメリットです。レンタルWiFiは、現地の回線と同様に快適な通信速度を実現できます。また、複数人で共有できるため、シェアすればコストを抑えることもできます。ルーターの性能によって快適さが左右されますので、しっかりと機種選びをしましょう。

インターネットで快適な滞在を

海外に長期滞在中のネット環境は、現地で調達したり、国際ローミングを利用したり、レンタルWiFiを利用したりして整えることができます。滞在期間や状況によって、自分にもっとも適したネット環境は異なります。現地で調達するのが難しい、スマートフォンの設定や契約を変えるのが難しいという方は、レンタルWiFiを利用すると便利です。是非あなたにあったインターネット環境の整備方法を見つけてみてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加