TOP > 旅のお役立ち情報 > 国際線の出発時間に乗り遅れないためのポイントまとめ

国際線の出発時間に乗り遅れないためのポイントまとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行で最も避けたいトラブルのひとつといえば、飛行機に乗り遅れて出国や帰国ができないということでしょう。特に出国ができなかった場合は、海外旅行ではなく空港までの国内旅行になってしまいます。

飛行機に乗れないトラブルを避けるためには、一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。ポイントをまとめました。

空港には出発時間の何時間前までに行くべき?

飛行機に乗り遅れる原因のひとつには、空港に余裕をもって到着しないということが挙げられます。国際線、国内線を問わず、飛行機にはさまざまな「時間帯」が設けられています。

「出発時間」は飛行機が離陸する時間のことで、この時間に空港に着いても飛行機に乗ることは不可能です。出発時間の前にはチェックインをしたりゲートをくぐったりしなければいけないので、空港には出発時間よりもだいぶ前に到着しておく必要があります。

国際線の場合は、出発時間の2時間前に空港に着くことが望ましいとされています。出発まで2時間もあれば、空港内でしなければならない手続きやセキュリティチェックなど余裕をもって済ますことができると考えられるからです。

しかし、必ず2時間前に到着しなければならないわけでもなく、出発時間の1時間前までに到着すれば、ぎりぎり飛行機に乗る事は可能でしょう。ただし、空港内で迷ったり時間を取られたりすると、飛行機に乗り遅れる可能性が高くなるので注意してください。

気を付けたい事はチェックイン時間

飛行機に乗る際に気を付けたい事は、出発時間よりもまずチェックイン時間に間に合うようにするという事です。チェックインには搭乗予定者が確実に飛行機に乗るということを航空会社に知らせる役割もあるため、これに間に合わないと航空会社は予約をキャンセルしてしまいます。予約をキャンセルされてしまっては、いくら空港に2時間以上前に着いていたとしても、予約した飛行機に乗る事はできません。

空港でチェックインする場合、一般的に国際線では出発時間の2時間から1時間前に航空会社のカウンターが開き、チェックインが可能となります。航空会社によってはチェックインを機械でも行う事ができますが、機械でも出発時間の1時間より前になるとチェックインができなくなります。

チェックインはネットで行うと便利

チェックインはネットで行うと便利

チェックインは必ずしも空港内で行わなければならないというわけではありません。自宅でも会社でも、ネット環境があればチェックインはどこからでも行えるケースがあります。多くの航空会社では、自社のサイトでチェックインができるサービスを行っています。

出発時間の72時間前からチェックインできる事が多く、海外旅行の前日でも前々日でも空いた時間にチェックインができます。チェックインさえ済ましていれば、空港へは出発時間の1時間前に到着しても多少の余裕をもって行動できるため、ネット上で事前にチェックインする事をおすすめします。

また、チェックインをしていれば航空会社のカウンターの列に並ぶ必要がなく、スーツケースなどがあれば荷物を預けるカウンターに直接行けるので、列を待つストレスからも解放されます。

レンタル携帯受け取りなど空港でやることがあるならより早めに

空港へは出発時間の2時間前に到着するのが飛行機に乗り遅れないためのポイントですが、場合によっては2時間半や3時間前までには空港に到着しておきたいケースもあります。それは、海外旅行へ行く際に頼りになるレンタル携帯やレンタルWiFiなどを借りる予定がある場合などです。

特に海外渡航者が多くなるゴールデンウィークや夏休みの時期には、レンタル携帯のカウンターには長い列ができる事もあります。携帯やWiFiをレンタルする場合は必ず保安検査場を通過する前に受け取っておかなければならないため、出発時間のギリギリに空港に到着してしまうと、たとえチェックインがすでに終了していたとしても飛行機に間に合わなくなるリスクが高くなります。

国際空港は広い!道に迷うと大きく時間を消費する事も

ハブ空港と呼ばれるいくつもの国際線の出入り口となる巨大な空港には、ターミナルの数がいくつもあります。そのため、一度道に迷ってしまうと自分が乗るべき飛行機のゲートにたどり着くまでに、30分消費してしまう事も珍しくありません。

国内の空港ならすぐに道案内をしてもらえますが、海外の空港で自分が置かれた状況を説明するのは難しく、また説明のためにも時間を消費しまうことでしょう。国際線を利用するときは国内線を利用するときの何倍も早く空港に着いていた方が、安心して飛行機を待つ事ができます。

国際線を利用するなら余裕を持って行動

国際線を利用する際は、出発時間だけではなくチェックインの時間にも気を付けたい事がわかりました。それ以外にも、国際線では空港で案外時間を消費するケースがあるという事も判明したので、海外旅行をするのならできるだけ早め早めに行動を取っておく事が大切だといえます。

早めに空港に着いたとしても、空港内でショッピングをしたりグルメを楽しんだり、空港によってはイベントを開催していたりと、時間の使い方は豊富にあります。国際線を利用する際は余裕をもって行動し、旅行先ではたくさんの楽しい思い出を作ってきてください。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加