TOP > 旅のお役立ち情報 > 【137ヶ国】エリア別!変圧器の対応タイプをご紹介

【137ヶ国】エリア別!変圧器の対応タイプをご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に電子機器を持っていく方は、充電器も持っていくと思いますが、実は電気規格は国ごとに異なるため、行き先によっては電源変換プラグや変圧器を持ち物リストに加える必要があります。
こちらでは、世界のプラグ・コンセントの種類や電圧についてご紹介しましょう。

世界のプラグ・コンセントの種類

海外旅行に行く際にも、スマートフォンやデジタルカメラ、場合によってノートPCといったアイテムが必需品となります。

しかし、ここで忘れてはいけないのが各国のプラグ・コンセントの種類と電圧。
これらは、電力調査を受けている国家137ヶ国ごとに違っており、日本から持ち込んだものが使えないということも多々あるのです。

世界では、大まかに9種類のコンセントのプラグタイプがあります。タ
イプの名称と使用されている地域をまとめると、以下のようになります。

Aタイプ:日本と同じタイプ。南北アメリカ、台湾など
Bタイプ:インド、中国、スウェーデンなど
Cタイプ:ヨーロッパ各国、韓国、インドネシアなど
SEタイプ:ヨーロッパ各国、韓国、インドネシアなど
B3タイプ:インド、中国、ケニアなど
BFタイプ:イギリス、香港、中東など
Oタイプ:オーストラリア、ニュージーランドなど
O2タイプ:中国など
CBタイプ:ブラジルなど

電圧の違いにも注意しましょう

また、電圧も国によって異なってきます。
日本における電圧は100Vですが、世界のほとんどの国は異なる電圧です。
以下で一例を見てみましょう。

日本:100V
韓国:220V
中国:220V
イギリス:240V
イタリア:240V
アメリカ:110V・120V
アルゼンチン:220V
南アフリカ:220V・240V

多くの国が日本とは電圧の規格が異なることがわかるでしょう。
たとえば、日本の電圧は100Vですが、それを上回る電圧の国でそのままコンセントを挿すと、製品が故障してしまう恐れがあります。

旅行先でスマートフォンやデジタルカメラが壊れてしまっては大変です。
コンセント・プラグの規格があっている場合や、変換プラグを持っていく場合でも、電圧に違いがないかを良く確認しておきましょう。
電圧が違う国に旅行に行く場合には、変圧器が必須となります。

プラグ・コンセント、電圧を事前にチェックしよう!

上記で列挙したように、国によって様々な電気規格があることがお分かりいただけたと思います。
ですので、訪問する国で要求される規格を事前にチェックしておき、それに対応したプラグ・変圧器を準備していくようにしましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加