TOP > 旅のお役立ち情報 > あまり知られていないクレジットカードのサービス『空港宅配』

あまり知られていないクレジットカードのサービス『空港宅配』

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行は楽しいけれど、いつも悩まされるのが重い荷物。
お土産や買い物を両手いっぱいに帰るときには気が重い……などと思う人も多いでしょう。

このような問題は、特定のクレジットカードを持っていれば、重い荷物を無料で宅配してくれるJAL ABCのサービスで解決できます。
そこで、空港宅配サービスの内容と、そのサービスを無料で受けられるクレジットカードについてご紹介します。

重い荷物を運んでもらってラクラク!空港宅配サービスとは?

JAL ABCが運営している空港宅配サービスは、帰国時の重い手荷物を自宅などの指定場所に届けてくれるだけではなく、出発時の荷物も空港まで配達してくれる嬉しいサービスです。

扱っている空港は成田国際空港・羽田空港(国際線ターミナル)・中部国際空港・関西国際空港・新千歳空港・伊丹空港となり、大きいトランクなどをガラガラと引きずって空港まで行く必要も、帰りの重い荷物に疲れが増すということもなくなるのは旅行者にとって嬉しいことです。

しかも、特定のクレジットカードの利用者であれば、対象空港においてこのサービスを無料で受けられるという特典があるのです
通常は、たとえば成田国際空港から東北・関東・中部・北陸のご自宅までが1,740円、北海道を除く東日本から成田国際空港までが2,160円かかります
それが楽になるうえに無料とは、このサービスを受けない手はありません。

>宅配料金(JAL ABC)

では空港宅配サービスを無料で受けられるクレジットカードにはどんな種類があるのでしょう?

充実のアメックス。大半のカード保持者の荷物が無料に

アメックスカードの中でも、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、AMEXビジネス・カード、AMEXビジネス・ゴールド・カードについては成田・羽田国際線・中部・関西の各空港での空港宅配サービスの利用が可能です。
また、日本出国・帰国両方で1個につきサービスを受けられます。
荷物の大きさについて縦・横・高さの合計が120cm以内で重量が20キロまでのもの(スーツケース・ゴルフバッグ・スキー1セットは120cm以内とみなす)と制限はありますが、アメックスの一部カードについては、サーフボードや自転車のような大型の荷物も無料で送ることができるので、さらにお得感が増します!

その他、旅行者に人気の提携カードも多数あり、AMEXスカイ・トラベラー・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド・カード含む)、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ゴールドカードを含む)については羽田を除く各空港(成田・中部・関西)で、到着宅配(空港→自宅等)1個まで宅配サービスが受けられます。

クレディセゾンもアメックス提携カードならサービスが可能

永久不滅ポイントで人気のクレディセゾンでも、アメックス提携カードなら空港宅配サービスが無料で受けられます。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、成田・羽田・中部・関西で帰国時のみ1個、無料で自宅まで荷物を運んでもらえます。

また、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、成田・羽田国際線・中部・関西の各空港で日本出国時、帰国時で各1個、宅配サービスが無料で利用できます。
プラチナカードではなくても帰国時の荷物を軽減できるので、アメックス提携のセゾンブルー・セゾンゴールドカード利用者はぜひ利用してみる価値はあるでしょう。

楽天プレミアムカードなら帰国時の宅配サービスが利用できる場合も!

会員数を大きく伸ばしている楽天カード。なかでも楽天プレミアムカード利用者で、なおかつトラベルコースを選択している場合は、空港宅配サービスの利用が可能です。
利用できる空港は成田・羽田国際線・中部・関西で、出発宅配、到着宅配が各1個ずつ宅配サービスを無料で利用できます。

しかし、利用条件があり、サービスの利用上限は入会から12ヶ月間で2回までとなっています。
また、出発の2週間前までに会員ページより空港宅配サービス利用のクーポンを申請する必要があります。

対応クレジットカードを持っているならぜひ利用しよう!空港宅配サービス

クレジットカードはよく利用するけれど、付帯サービスはあまり利用したことがない、という人は多いでしょう。
海外旅行や海外出張こそ、空港宅配サービスなどクレジットカードに付帯されるサービスを利用できるチャンスです

お手持ちのクレジットカードに無料空港宅配サービスが付帯されていれば使わないのはもったいないことです。
ぜひご自身のクレジットカードで利用できるサービスを調べて、次回の海外旅行・出張の際には利用してみましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加